六古窯(ろっこよう)

April 27, 2016
“平安時代末期から安土桃山時代を代表する窯業地のことをいいます。六古窯(ろっこよう)は瀬戸・常滑・越前・信楽・丹波・備前の6窯からなります。 ”
READ MORE

若杉窯(わかすぎよう)

April 27, 2016
文化8年能美郡若杉村の十村 林八兵衛に招かれた本多貞吉が開いた窯が若杉窯(わかすぎよう)と呼ばれています。
READ MORE

藁灰釉(わらばいゆう)

April 27, 2016
藁灰釉(わらばいゆう)は、稲わらを燃やしてできる灰を原料にした釉薬です。この釉薬を使うと、やきものが白またはクリーム色のやわらかい仕上がりになります。萩焼などでよく使われています。
READ MORE

割高台(わりこうだい)

April 27, 2016
高台(こうだい)は、茶碗や皿の底からすこし出っ張っている卓に接する部分のこと。割高台(わりこうだい)は、その高台にV字や半円の切り込みが入ったものです。もともとは祭器の形状を真似がものでしたが、後にうつわの姿にアクセントをつけるものとしても用いられるようになりました。
READ MORE

割山椒(わりざんしょ)

April 27, 2016
和食に使われる小鉢の一種で、3枚の花弁のつぼみが開いたように見える器を割山椒(わりざんしょ)と言います。
READ MORE

割竹式登り窯(わりだけしきのぼりがま)

April 26, 2016
山の斜面などに構築される登り窯で竹を縦に半分に割ったような登り窯の事を割竹式登り窯(わりだけしきのぼりがま)と呼びます。
READ MORE

熊川(こもがい)

April 10, 2016
熊川(こもがい)とは、口縁が反り返り胴は丸く膨らんだ碗型をした朝鮮茶碗の基本型で、貿易港の熊川(こもがい)が積出港のため付いた名前。
READ MORE
陶芸用語集

御用窯(ごようがま)

April 10, 2016
御用窯(ごようがま)とは、江戸時代に全国各地の藩が献上品などを造らせるために開いた藩窯のこと。
READ MORE