南蛮手(なんばんで)

April 27, 2016
南蛮手(なんばんで)とは、沖縄や台湾や東南アジアなどで作られた釉を使用しない炻器(せっき)と呼ばれる焼き物のことです。
READ MORE

濁し手(にごしで)

April 27, 2016
濁し手(にごしで)は、米の研ぎ汁のような乳白色の素地で、描いた色絵が美しく映え、柿右衛門様式の磁器にも用いられています。
READ MORE

二彩唐津(にさいがらつ)

April 27, 2016
二彩唐津(にさいがらつ)とは、唐津焼の一種で、鉄釉や鉄絵・銅釉などを施してあるもののことを指します。
READ MORE

錦手(にしきで)

April 27, 2016
錦手(にしきで)とは、陶磁器に赤・黄・緑・青・紫などで色を入れたもののことです。色絵、赤絵とも呼ばれます。
READ MORE

如意雲(にょいうん)

April 27, 2016
如意雲(にょいうん)とは、如意頭のようなスペードに似た形をもってあらわされた雲の文様で、如意とは棒状の仏具のひとつです。
READ MORE

如意頭(にょいとう)

April 27, 2016
如意頭(にょいとう)とは、仏教用具の一つ如意の頭部あたる部分を指し、また、そこに施される文様のことを言います。
READ MORE

布目(ぬのめ)

April 27, 2016
布目(ぬのめ)とは陶器制作で型抜きしやすくするために型に敷いた布の織り目が陶器に残ることです。 織り目は装飾にもなります。
READ MORE

鼠志野(ねずみしの)

April 27, 2016
鼠志野(ねずみしの)は志野焼の一種です。鉄の成分が赤褐色または鼠色に焼き上がることでその名前の由来となっています。
READ MORE

根付(ねつけ)

April 27, 2016
根付(ねつけ)は、かつて男性用ポーチの留め具でしたが、現代では精緻な細工が素晴らしい美術品として評価されています。
READ MORE

登り窯(のぼりがま)

April 27, 2016
登り窯(のぼりがま)は陶磁器を大量に焼成する際に、炉内の製品を一定に高温に保てるよう工夫された窯の形態のことをいいます。
READ MORE