ロイヤル・ウースター

April 27, 2016
イギリスの陶磁器メーカーである「ロイヤル・ウースター」は200年以上の歴史と伝統を有する世界的な陶磁器メーカーです。
READ MORE

楼閣(ろうかく)

April 27, 2016
楼閣(ろうかく)は、緑釉楼閣に代表されるような、二・三階建ての寄棟造りの屋根や欄干がついた建物のことです。
READ MORE

ロウ抜き(ろうぬき)

April 27, 2016
ロウ抜き(ろうぬき)は陶芸技術の一つ。溶かしたロウで器に模様を描いて焼くと、ロウ抜きした部分には釉薬がかかりません。簡単に言えば、養生・マスキングのような役割を果たすものです。
READ MORE

轆轤(ろくろ)

April 27, 2016
轆轤(ろくろ)で作った焼き物は仕上がりがきれいという特長があります。一方、手びねりで作った焼き物は味わい深い個性がでるものです。
READ MORE

ロストル

April 27, 2016
陶器や器などを窯に入れて焼く際に風通しをよくするために炉やストーブの下に敷く鉄格子のことをロストルといいます。
READ MORE

露胎(ろたい)

April 27, 2016
露胎(ろたい)は、陶磁器の釉が掛からず、胎土が現れている状態を言います。「土見せ」とも言い、全体に釉薬が掛かっている総釉に比べ、胎土の焼き上がりや手触りが楽しめると言われています。
READ MORE

六古窯(ろっこよう)

April 27, 2016
“平安時代末期から安土桃山時代を代表する窯業地のことをいいます。六古窯(ろっこよう)は瀬戸・常滑・越前・信楽・丹波・備前の6窯からなります。 ”
READ MORE

若杉窯(わかすぎよう)

April 27, 2016
文化8年能美郡若杉村の十村 林八兵衛に招かれた本多貞吉が開いた窯が若杉窯(わかすぎよう)と呼ばれています。
READ MORE

藁灰釉(わらばいゆう)

April 27, 2016
藁灰釉(わらばいゆう)は、稲わらを燃やしてできる灰を原料にした釉薬です。この釉薬を使うと、やきものが白またはクリーム色のやわらかい仕上がりになります。萩焼などでよく使われています。
READ MORE

割高台(わりこうだい)

April 27, 2016
高台(こうだい)は、茶碗や皿の底からすこし出っ張っている卓に接する部分のこと。割高台(わりこうだい)は、その高台にV字や半円の切り込みが入ったものです。もともとは祭器の形状を真似がものでしたが、後にうつわの姿にアクセントをつけるものとしても用いられるようになりました。
READ MORE