木盃形(もくはいがた)

April 27, 2016
染付、色絵の皿が代表的な鍋島焼。一番の特徴は皿の形です。高台(こうだい)が高く、盃のようなカーブを描いており、木盃形(もくはいがた)と呼ばれています。
READ MORE

元屋敷窯(もとやしきがま)

April 27, 2016
元屋敷窯(もとやしきがま)は岐阜県土岐市泉町久尻にある、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての窯跡です。美濃窯における最古の連房式登り窯で、燃焼室に続いて奥行きの短い焼成室が階段状に14房連続し、全長は約24mに及びます。織部の名品を焼いた窯としても知られています。
READ MORE

やきもの戦争(やきものせんそう)

April 27, 2016
やきもの戦争(やきものせんそう)後に、朝鮮系の製陶技術が九州、山口各地に伝わり、唐津、萩、薩摩、有田等の窯業地が開かれたのです。
READ MORE

矢筈口(やはずぐち)

April 27, 2016
“矢筈口(やはずぐち)は矢筈に似た口造りの器物を指しています。肩から口縁にかけて斜めに凹んだ形状のものを意味し、茶の湯道具の水指に多くみられます。 矢筈とは矢の末端部分を指します。弦につがえるためにV字状に凹んでいることから、この様な形状を矢筈と言うようになりました。 ”
READ MORE

焼き締め(やきしめ)

April 27, 2016
“成形した器を無釉の状態で乾燥させ、高温で焼き上げる技法。 焼き締め(やきしめ)を行うことで、素地を強くて堅い状態にできます。”
READ MORE

山疵(やまきず)

April 27, 2016
陶磁器の焼成工程で、窯の中、または窯へ入れる前にできたヒビ、カケ、キズを山疵(やまきず)といいます。
READ MORE

山茶碗(やまぢゃわん)

April 27, 2016
“山茶碗(やまぢゃわん)は11世紀ころ、常滑や瀬戸地方及び東海地方西部で作られた、無釉の茶碗や皿などの日用雑器です。須恵器の製法を広めたと伝えられる名僧行基にちなんで、行基焼とも呼ばれます。 名称の由来は山中の古窯あとに廃棄されたものが大量に出土したことに由来すると言われています。 &#...
READ MORE

釉下彩(ゆうかさい)

April 27, 2016
“釉下彩(ゆうかさい)は器物の表面にコバルト、鉄、銅などを含んだ顔料で文様を描き、その上に透明な釉薬をかけて焼く方法です。コバルトは青、鉄は茶、銅は赤などに発色し、それぞれ染付、鉄絵、釉裏紅などと呼ばれます。 ”
READ MORE

釉薬(ゆうやく)

April 27, 2016
“釉薬(ゆうやく)は「うわぐすり」とも呼ばれ陶磁器の表面を彩るガラス質を作るものです。 この釉薬により陶磁器は美しい模様を作り出すほか保水性の向上や耐久性の向上などの性質を新たに得る事ができます。”
READ MORE

釉裏紅(ゆうりこう)

April 27, 2016
釉裏紅(ゆうりこう)は、銅系の彩料を下絵付けに使って紅の色に発色させる技法、または陶磁器そのものを指します。
READ MORE