子供用食器

子供でも大人でも使えるオススメの食器〜6選〜

April 18, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

子供でも大人でも使えるオススメの食器

小さな手に持ちやすく、しまいやすく、かつ、大きくなっても長く使い続けられる、愛用の器。そんな、普遍的で機能的なかたちをテーマに、今回テーブルライフでは子供でも大人でも使えるオススメの食器をご紹介します。

引用画像:https://www.marumitsu.jp/webstore/products/detail/1698

合わせて読みたい関連記事

・子供用食器 ママたちの座談会オススメの子供用食器おしゃれなプラスチック子供、大人でも使える

1.マルミツポテリ

https://www.marumitsu.jp/webstore/products/detail/2336

引用画像:https://www.marumitsu.jp/webstore/products/detail/2336

アイスカップの形状を意識したデザインのグラース。側面の凸文字と塗り分けがポップな印象です。色違いで揃えて重ね置いた姿も可愛らしいです。子供用のおやつボウルとしても、このままインテリアとして置いておくだけでも可愛らしですね。

参考価格:702円(税込み)

2.セラミック・ジャパン

http://www.ceramic-japan.co.jp/products/chat/

引用画像:http://www.ceramic-japan.co.jp/products/chat/

「chat」というユーモアある名前のシリーズです。置いておくだけでも会話が弾みそうなプレート。ポップな黄色と白色で子供や大人も元気になりそうですね。

参考価格:648円〜3,456円(税込み)

3.andCtokyo

http://andc.tokyo/?pid=127024073

引用画像:http://andc.tokyo/?pid=127024073

モダンデザインが施されたシノワズリのどんぶりです。中華はもちろんですが、親子丼や天丼など和食料理にもとても映えるデザインです。食べ盛りのお子さんにぜひ使いたいですね。

参考価格:4,428円(税込み)

https://tablelife.ocnk.net/contact

4.北川和喜

https://kitakazu12.wixsite.co

引用画像:https://kitakazu12.wixsite.co

岐阜県多治見市にて作陶活動をされている北川和喜さんの作品です。柔らかい色合いが子供の色彩感覚を養ってくれそうです。ぜひセットで揃えて使いたいですね。

参考価格:1,200円より

5.見野大介

https://kurumi.life/onlineshop/user_data/artist002

引用画像:https://kurumi.life/onlineshop/user_data/artist002

奈良県で作陶されている見野大介さんの作品です。画像の器、お料理は実際見野さんのお子さまの時のお食い初めで使用されたものです。色々なデザインの器を集めて使うのも面白いですね。1つずつ見るとシンプルなデザインが多いので、大きくなっても使用できます。

参考価格:六角皿 1,512円 その他は下記テーブルライフへお問い合わせください。

https://tablelife.ocnk.net/contact

6.2016/

http://www.2016arita.jp

Photo by Kenta Hasegawa

2016年に有田焼創業400年を記念して有田焼の新ブランド「2016/」が誕生しました。子供も好むモチーフや形のアイデアを使った遊び心溢れる「TAF」シリーズは、アイスクリームがとけたようなトレー、取っ手がコンパクトでコロンとした愛らしい印象のマグカップが揃っています。色使いも、楽しげでカラフルでありながら、淡く優しい仕様になっているので、子供はもちろん、大人でも使用できるデザインです。

価格:カップ 1,500円より、プレート1,400円より、ボウル 1,800円より、

ピッチャー 9,000円より、カップがのっているトレイ 1,800円より(全て税抜き)

 


子供でも大人でも使える食器特集はいかがでしたか?それぞれ個性ある器ばかりで、大人も子供も一緒に楽しめるのが嬉しいですね。是非お気に入りの1つをみつけてくださいね!

Mika 1024記事編集:MIKA(テーブルライフ所属 テーブルコーディネーター 名古屋市在住・中部支部担当)

夫の転勤で海外在住中、体調を崩し食生活の大切さに気づきマクロビオテック経てRaw foodにたどり着く。
Raw foodを取り入れ劇的な体の変化を体感し、横浜の自宅サロンにてMika’s raw food recipeをスタート。
2016年には抗加齢学会(アンチエイジング学会)の抗加齢指導士の資格を取得。外見だけでなく内側から健康で美を目的とするレシピを考案し関東、東海地区でレッスンとイベントで活動中。2018年5月に出産を控え、テーブルライフのコラムではベビー食器などを担当する。
テーブルコーディネートでは食空間プロデューサーの山本侑貴子先生を師事、Dining&Style認定講師としてシニアインストラクター取得。

2017年東京ドームテーブルウェア・フェスティバル入賞

HP:https://www.mikarawfood.com/
Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns