メンテナンス

毎日使うからこだわりたい!人気の食器用洗剤10選

May 13, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

汚れに強く、肌にもやさしい!理想的な洗剤の選び方

毎日必ず行う食器洗い。1回にかける時間は平均20分程といわれています。1日3回なら1時間費やしていることになり、使う洗剤にはこだわりたいですね。ただ、商品の種類が多すぎて、目立つ場所に陳列してあるものやセール品を何となく選んでしまうことが多いのではないでしょうか。自分にとってどれが一番いいのか分からない、そんな方へ洗剤の選び方と人気の商品をご紹介します。


食器用洗剤を選ぶポイント

〇洗浄力が高い~どんな汚れも短時間でスッキリ落とす

油汚れなどに対する洗浄力の高さは食器選びの需要なポイントです。食器用洗剤の液性は大きく分けて「弱アルカリ性」「弱酸性」「中性」の3種類があります。それぞれ洗浄力の強さが違うため目的に合わせて選ぶことが大切です。「弱アルカリ性洗剤」は洗浄力の強さが魅力、「弱酸性洗剤」は優しい処方の洗剤で、「中性洗剤」は弱アルカリ性と弱酸性の中間に位置する洗浄力を持っています。これら3種類の液性に加えて、酵素や天然の洗浄成分などが配合されることで、洗浄力も変化します。商品の説明を読んで、納得できるものを選んでくださいね!

↑洗浄力が高い洗剤を使うと、ワイングラスの曇りもスッキリとれます

〇手肌に優しい~毎日使うものだから肌に優しい安全なものを

界面活性剤とは‥
多くの食器用洗剤に含まれているのが「界面活性剤」。この界面活性剤は、油汚れに効果的な「親油性」を持っている成分です。この成分が配合されることによって、食器に付着した油汚れを浮かすことができます。界面活性剤は汚れに対して効果を発揮する一方で、配合量が多いと肌の敏感な方には刺激が強すぎる可能性もあるため、注意が必要です。

手荒れ防止には低刺激の商品を
食器洗いでは、肌の乾燥や手荒れが気になりますよね。手荒れを少しでも防ぎたい場合、洗浄力の優しい洗剤や界面活性剤の配合量が少ない商品を選びましょう。肌に優しい天然の洗浄成分が配合された洗剤や、添加物が多く配合されていない無添加商品など、低刺激の洗剤を選ぶことで肌荒れを防ぐことができます。
引用画像:http://shop.saraya.com/smile/item/32046/


〇機能性が優れている~除菌効果など洗浄力以外の機能も欲しい!

除菌効果~キッチン全体を清潔に!
食器洗いに使うスポンジは雑菌の宝庫。どんなに洗浄力の強い洗剤で洗ってもスポンジが汚れていたら、食器は不衛生なまま…そんな事態を避けるには、除菌効果のある洗剤を使いましょう。除菌効果のある洗剤を使用することで食器やまな板はもちろん、繁殖しやすいスポンジの雑菌も除去することができます。

泡切れの良さ~すすぎ時間を短縮して時短&節水効果を期待
食器用洗剤の泡切れの良さも大切です。泡切れが良いと食器を洗う時間が短くなるため、手荒れから肌を守ることができます。毎日行う家事なので、家事時間の短縮になるだけでなく、節水効果も期待できます!

〇環境に優しいか~肌に優しいものは地球にも優しい

成分が自然由来で地球への害が少ないもの。また、詰め替えがあり容器が繰り返し使え、ごみを出さないものも選ぶポイントです。例えば、ベルギー生まれのエコ洗剤「エコベール」は、全成分が植物&ミネラル由来。石油系成分、着色料、人工香料、化学増粘剤、その他アレルギーの原因となりうる化学物質は配合されていません。またボトルも、植物由来の素材100%で人にも地球にも優しい商品です。
【エコベールの商品説明】 ヴァンベールクラブHP参照
引用画像:ヴァンベールクラブHPより


今度選ぶならこれ!人気の食器用洗剤10選

以下の商品は、ランキングサイトなどで複数回取り上げられているものをピックアップしたもので、人気ランキングではありません。

1.チャーミー  泡のチカラ 手肌プレミアム(ライオン)

この商品は独自の「乳酸ナトリウム」配合処方により、食器洗いで失われてしまう手肌の水分の減少を抑制できます。また、「起泡技術」により生成されるクリーミーな泡立ちで、しつこい油汚れを瞬時に分解することができます。洗浄力が食器洗いの後半まで持続するため、油汚れをしっかりとはがし取ることができ2度洗いの必要がありません。手肌へのやさしさと、しつこい油汚れにもしっかりと対応できるところが人気の理由です。

引用画像:チャーミー泡のチカラ 手肌プレミアム  240mL

2.ジョイコンパクト モイストケア(P&G)

この商品は、手肌の表面からうるおいが逃げにくい処方をしており、食器洗い後も約90%もの水分を保持することができます。ジョイの他シリーズと同様、新処方の拡散分子により、しつこい油汚れもするっと落とすことができます。デザインボトルもパステルカラーをモチーフにし、インテリアとしてなじむようにこだわっており、使うのも楽しくなります。手肌へのいたわりと香りのよさなど様々なこだわりが人気の理由です。

引用画像:ジョイ コンパクト モイストケア カモミールオアシス200ml


3.チャーミ― マジカ(ライオン)

油汚れがサラサラ落ちる洗浄実感を、“マジカル(Magical)だ”と表現したお客様の声から名づけられた「Magica」。注目は「ナノ洗浄」による強力な洗浄力です。油汚れを浮かせてから更に汚れを溶かして洗い流すので、ガンコな油汚れも洗い残しなくスッキリと落とします。また、ガンコな汚れにはどうしても洗剤を多く使いがちですが、マジカのナノ洗浄ならば少ない量で洗えます。コスパの良さに加えてすすぎの早さも魅力で、さらに手肌への刺激も控え目といいことづくめ!また、軽く洗って固く絞ったスポンジにかけ、次に使う時まで置くだけで99.9%除菌ができます。

引用画像:チャ―ミーマジカ スプラッシュオレンジ 230ml

4. ファミリーフレッシュコンパクト(花王)

昔から安定した洗浄力でも評価が高い、定番の食器用洗剤。お皿やフライパンなどに付着したガンコな油汚れも瞬時に分解し、油を浮かせて水のようにサラっと簡単に油汚れを洗い流す、頼りになる洗剤です。少量で洗えるのでコストパフォーマンスにも優れており、しっかりとした泡立ちのわりに泡キレが良くすすぎも手早く済むので、時短にも大活躍。さらに植物性原料使用しているので手肌にやさしく、お肌の負担を軽減してくれます。除菌効果とライムの爽やかな香りも使い心地が良い、おすすめの商品です。

引用画像:ファミリーフレッシュコンパクト 270ml


5.ヤシノミ洗剤 野菜・食器用(サラヤ )

1971年に誕生。環境に配慮した、毎日使うのにふさわしい商品です。ヤシノミ由来の植物性洗浄成分を使用しており、不要なものは配合しない「無添加・無着色」にこだわって作られています。植物性のやさしい洗浄成分で作られているので、手肌にやさしく、潤いが失われがちの手肌をしっかり守ってくれます。洗い終わった後に排水口から流れ出た洗剤は、自然界に生息している微生物によって水と二酸化炭素に分解された後、自然に還るので水質や環境を汚すことなく、地球にやさしいエコロジーな食器用洗剤です。ギフト用にピーターラビットのパッケージ商品もあります。

引用画像:ヤシノミ洗剤 野菜・食器用 500ml

6.キュキュット クリア除菌(花王 )

濃密な泡と洗浄力で長年人気の高いキュキュットの抗菌タイプ。これ1本で洗浄だけでなく、除菌・くすみ落とし・除渋・消臭効果があります。独自のハイブリッドウォッシュ処方の濃密な泡で、ガンコなものから固まった油汚れまで細かく分解して、スッキリ素早く落とします。まな板やスポンジ・ふきんなどの除菌・消臭に優れている商品は他社からも販売されていますが、キュキュットは除菌・消臭に加えて、クエン酸効果でこびり付いた着色汚れもスッキリ落とすのが特徴。泡切れも良く、万能で使い勝手の良い洗剤です。

引用画像:キュキュット クリア除菌 緑茶の香り 240ml


7.ジョイ コンパクト W除菌(P&G )

高い洗浄力で人気のジョイに、W除菌が備わった商品。除菌タイプの先駆けとも言える、発売以降高い人気を誇っています。ガンコな油汚れをスッキリ落とすのはもちろん、W除菌効果で約99.9%もの除菌をします。カビや食中毒の発生しやすい夏場の心強い味方として、スポンジ・まな板・ふきんなどに使ってみてはいかがでしょう。

引用画像:ジョイコンパクト W除菌 詰替え用 440ml

8.フロッシュ 食器用洗剤 スタンダードタイプ

フロッシュはドイツ生まれのブランド。この商品は、肌にもやさしい植物由来成分でできた界面活性剤を使用し、自然の力で汚れをしっかり落としてくれる洗剤です。手荒れの原因と言われるアルコールを除去した「ノンアルコール処方」で、かつ保存料や香料も可能な限り抑えられているので、手肌への負担も最小限に抑えることができます。やや洗浄力が弱いですが、泡切れが良いので使用感は決して悪くありません。洗浄力が気になる方は、洗浄力強化タイプを選ぶといいでしょう。

引用画像:フロッシュ アロエヴェラ 750ml


9.キュキュット ハンドマイルド(花王)

手肌ケアタイプをうたいながらも、90%超えの高い洗浄力があります。手肌へのやさしさだけでなく、泡立ち&泡もちも良く、洗浄力、手肌へのやさしさは雑誌の商品テストで高い評価を獲得している人気商品です。

引用画像:キュキュット ハンドマイルド カモミールの香り 230ml

10.チャーミー Vクイック (ライオン)

すすぎと乾きが素早いのが特徴の商品です。「高速すすぎ成分」により、食器についた洗剤のヌルヌルがすぐにすっきりと取れ、素早くすすぐことができます。さらに「天然由来速乾成分」により、水道水の無機物が食器に付着するのをおさえ、素早く水切りすることができます。食器をすすいだ後に、立てかけておくだけで乾いていくため、食器を拭く手間がなくなり、時短になります!また、90%越えの洗浄力で、肌に優しい低刺激のため安心して毎日使えます。

引用画像:チャ―ミー Vクイック 260ml



いかがでしたか?この記事で人気商品の特徴がよく分かったのではないでしょうか。選び方のポイントと合わせて、毎日の食器洗いを快適にするお気に入りの洗剤を選んでみましょう。ちなみに、私は最近「フロッシュ」を使い始めました。アロエヴェラの自然な香りと洗った後に手が突っ張らないのが気に入っています。

[取材・編集 テーブルライフ編集部 Chiaki]

Chiaki(粟村千晶)
テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザー
一般社団法人テーブルウェアスタイリスト連合会認定プロフェッショナルテーブルウェアスタイリスト・食空間コーディネーター3級・整理収納アドバイザー1級。
このコラムでは、テーブルコーディネートの専門知識や現場でのコーディネート経験をいいかして、おすすめのうつわ紹介から食器収納のアイデアまで幅広い情報を発信していきます。
Instagram:awamurac
Blog:https://tablestyling.amebaownd.com/

 

Latest Columns