ノリタケ

洋食器だけじゃない、和食器もステキな「ノリタケ」

November 13, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

伝統柄から和モダンまで、ノリタケの日本美溢れる和食器

日本を代表する、食器ブランド「ノリタケ」。100年以上の歴史を持ち、伝統の中から数々の陶磁器が生み出されました。
ノリタケといえば、白をベースに様々な意匠を凝らした洋食器のイメージが強くあります。ところが、いがいと日本の和を象徴するデザインも多数あるのです。そこで今回は、和モダンから芸術性高いデザインまで、ノリタケの和食器をご紹介します。



 

1.SHIKISAI RONDO/四季彩舞曲  銘々皿揃(6枚)

創業100周年を記念してつくられた、ディナー揃えのなかのアイテムです。日本の花鳥風月から、鶴、梅、杜若、桜、紅葉など、四季折々のモチーフが表現されています。
その絵付けには金彩などが豪華に使われており、格調高いコーディネートにオススメです。テーブルコーディネートのさいのテーマは「日本の季節」で、黒い折敷にそれぞれのお皿を置くだけで素晴らしい日本の季節になりますね。

参考価格:97,200円

2.SHIKISAI RONDO/四季彩舞曲 コーヒー碗皿揃(絵変り6客揃)

先の銘々皿と同じく、ノリタケ100周年を記念してリリースされたシリーズより。日本の季節を象徴する、鶴、梅、桜など漆黒の上に描かれたカップ&ソーサーです。
内側には金彩が見事に施されており、大変格式高い仕上がりになっています。外国のお客様に喜ばれそうですね。

参考価格:270,000円

3.ATEHAKA COLLECTION/アテハカ コレクション タンブラー(萩)

ATEHAKA(あてはか)とは、古語で「優雅で気品ある様」という意味。日本の伝統的なモチーフや文様を、モダンに表現されています。
「萩の花」は、日本の秋の野山を代表する植物として、古くから親しまれています。その万葉集でいちばん多く詠まれた草花を、金彩と黒のコントラストでモダンに表現、妖艶さを漂わせています。クール&ゴージャスな、大人のコーディネートにオススメです。


参考価格:10,800円

4.SHIKISAI RONDO/四季彩舞曲 27cm角大皿

こちらも、ノリタケ100周年記念の「四季彩舞曲」シリーズより、日本絵画のような角皿です。
羽ばたく鶴、静寂に咲く梅の花、ススキや桜、曲水という日本の花鳥風月がこの一枚に込められています。存在感のあるサイズとデザインなので、センタープレートや飾り皿として使いたいですね。

参考価格:54,000円

5.SHIKISAI RONDO/四季彩舞曲 重箱(三段)

福を重ねる、めでたさが重なるようという縁起の良い重箱です。重箱の正面には、大きく光り輝く満月を背景に、優雅に羽ばたく鶴がデザインされています。裏面には桜や杜若など、四季折々のモチーフが重箱全体に施されています。

引用画像:https://tableware.noritake.co.jp/fs/tableware/4975946393683

参考価格:270,000円

6.ATEHAKA COLLECTION/アテハカ コレクション タンブラー(矢絣)

古来より日本に伝わる伝統小紋を、タンブラーに描いてシャレた一客に。水色が爽やかで、古めかしさを感じないモダンなデザインです。同じシリーズで市松模様もあるので、合わせて贈ると喜ばれそうですね。

参考価格:5,400円

 

7.27.5㎝額皿”めでた尽くし” (皿立て付)

鮮やかな朱色をベースに、金彩の鶴や松、富士山が絵付された縁起の良いデザインです。飾り皿としても、また海外のお客様へのプレゼントにオススメです。

9.TOKOHAGUSA/常葉草 汲出し茶器揃

正面に常葉草と金彩が施された、和モダンなデザインの茶器揃です。日本古来の伝統色である常盤色は、杉や松など常緑樹の葉の濃い緑色を表します。常に変わらないという意味で、長寿や繁栄の願いが込められています。モダンなデザインなので、どのシーンにも馴染んでくれそうですね。

参考価格:16,200円




ノリタケの和食器シリーズはいかがでしたか? いま人気の和モダンから、芸術要素が高く、格式高いコーディネートに映えるデザインまでそろっているのは、100周年を迎えたノリタケだからこそです。是非お気に入りの1つを見つけてくださいね。

IMG_5312-2テーブルコーディネーター・MIKA(愛知県名古屋市在住・中部支部担当)

夫の転勤で海外在住中、体調を崩し食生活の大切に気づきマクロビオテック経てRaw foodにたどり着く。
 Raw foodを取り入れ劇的な体の変化を体感し、横浜の自宅サロンにてMika’s raw food recipeをスタート。
 2016年には抗加齢学会(アンチエイジング学会)の抗加齢指導士の資格を取得。外見だけでなく内側から健康で美を目的とするレシピを考案し関東、東海地区でレッスンとイベントで活動中。
 テーブルコーディネートでは食空間プロデューサーの山本侑貴子先生を師事、Dining&Style認定講師としてシニアインストラクター取得。

2017年東京ドームテーブルウェア・フェスティバル入賞

HP:https://www.mikarawfood.com/
Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns