住宅展示場ダイニングコーディネート

秋の紅葉~和モダンテーブルコーディネート@ヘーベルハウス幕張フレックス

November 23, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

こんにちは。テーブルコーディネーターMEGUMIです。

11月は紅葉の季節。全国各地で美しい紅葉がみられる季節になりました。

秋のもみじで和モダンテーブル

今月のへーベルハウス幕張展示場フレックス(G3B)様のテーブルは、紅葉を使って和モダンテーブルコーディネートをさせて頂きました。

しっとりと落ち着いた大人の秋を表現してみました。

リアルな木目!宝寿窯 山本文雅さんのうつわ

今回お借りしたこちらの木目のお皿は、佐賀県武雄市で制作活動をされている山本文雅(やまもとぶんが)さんの作品です。

実はこちらは陶器製!はじめて見る方はおそらくほとんどの方は木製のお皿と思われると思います。そのくらいリアルな見た目です。

そんなちょっとした話題性のあるお皿ですが、実用性も兼ねそなえています。ふちが少し上がっていて持ちやすく、どんなお料理にも合わせやすい色と質感です。木目のお皿はナチュラルな雰囲気ももちろん会いますが、スクエアなのでモダンなコーディネートにもあわせやすいデザインです。

長皿はおつまみを盛り付けたり、写真のように豆皿やショットグラスを重ねて使っても素敵です。

こちらのお皿はテーブルライフオンラインストアにて購入できます。

山本文雅さん 陶歴

1963年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 佐賀県展入選
1981年 佐賀県立有田工業高等学校 デザイン科卒業
1989年 サージマリジス賞 受賞
1990年 ニューヨークジャパン大賞 受賞
1990年 ニューヨークT&N GALLERY 出品
1990年 ニューヨークGALLERYモリーナ 招待出品
1991年 国際芸術ニューヨーク展国際芸術大賞 受賞
1991年 ART SPEAK賞 受賞
1993年 年数回 毎年各地で個展を始める
2000年 九州山口陶磁展 入選

宝寿窯 山本文雅さんについては、こちらのコラムでも詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

テーブルコーディネーターが使いたい、和モダンな伊万里焼「宝寿窯・山本文雅」

「箸蔵まつかん」のお箸

今回コーディネート使用しましたお箸は福井県の「箸蔵まつかん」さんのお箸です。

茶香炉BAR 「一生」ブランドとのコラボレーションで生まれたお箸です。

「茶をテーマとした新しいスタイルの箸の提案。茶と言葉を融合させ、日本の心を二本で表現したライフコミュニティーデザインが誕生です。」

このTSUGAIシリーズは2本の箸をパズルのように組み合わせカチっとはまるという個性的なデザインです。

今回は紅葉の色に合わせて「赤茶」をセレクトしましたが、他にも4色あります。

こちらのお箸はテーブルライフオンラインストアで購入できます。お気に入りを見つけてみてくださいね!

箸蔵まつかん

株式会社 マツ勘 MATSUKAN CO.,LTD.

〒917-858 福井県小浜市北塩屋16-5

電話番号:0770-52-5151(代表) ファックス:0770-53-0523

Eメール:hashikura@matsukan.com

 

その他使用アイテム

・ガラスのスクエアのお皿: IVV

・シルバーの豆皿、小皿; やま平窯

・ショットグラス: スガハラ

・花器: フラワーショップで購入

・シャンパングラス: ネットショップで購入

・アイアン黒のかご: ネットショップで購入

テーブルコーディネーター MEGUMI

大学卒業後、金融機関に勤務の傍ら、料理、お菓子を勉強していく中でテーブルコーディネートに興味を持ち、dining & style 山本侑貴子氏に師事。

現在、千葉市にてお菓子作りとテーブルコーディネートの楽しさを伝える教室を主宰。2児の母。

dining & style インストラクター、ル・コルドンブルー製菓ディプロム取得

blog: https://ameblo.jp/sugargrace/

協賛企業:旭化成ホームズ 幕張展示場 フレックス(G3B)
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-7 幕張ハウジングパーク内
043-213-6151

 

 

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns