各ブランド

いつもの食卓にもおもてなしにも使える! モダンなお皿8選

December 27, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

これさえあれば大丈夫! どんな料理にも合わせやすい “使える” モダンなお皿

今回は、日常的にも使え、おもてなしにも見栄えのする「モダンなお皿」を紹介します。モダンなお皿は、料理を選ばず、なおかつデザインがスタイリッシュ! これさえあれば、わざわざお客様用の食器を買わずにすみますよ。年末年始のおもてなしに、モダンなお皿を使ってみませんか?

1.ディモーダ ディナープレート

クリックして通販サイトへ

セミマットなプラチナリムが美しいディモーダ(ブラック/プラチナ)の ディナープレート。日常使いでは、パスタやシチューやおかずを盛り合わせてワンプレートに。またおもてなしにも十分使える豪華さです。

テーブルコーディネーターでも使用者が多い万能プレートです。私はゴールドを持っていて、他のお皿を上に重ねて使うことが多いです。シンプルなのにいつものテーブルを格上げしてくれます。

URL:studio010丸東陶器 https://www.studio010.net/

2.波佐見焼ORIME ヘリンボーン

クリックして通販サイトへ
アパレル出身のスタッフが企画したORIMEシリーズの皿。テキスタイルのようなデザインが特徴的で、布の素材感を表現するためにあえてムラを活かしています。深さがあるため、煮物やシチューなど汁気のある食事にも使えます。和洋どのジャンルの料理にも合わせやすいので、普段使いにおすすめです。同シリーズのそば猪口、お茶碗もあります。

取扱いショップ:E-dollar (イーダラー)http://www.rakuten.co.jp/e-dollar/

3.HANOVE (ハノーヴェ)  モダンシリーズ

クリックして通販サイトへ
HANOVEのモダンシリーズは、イタリアンパセリがデザインされています。鮮やかなグリーンの葉が大胆に配置されており、どんな料理を盛り付けても様になります。柄は3種類あり、同じシリーズのボウルを重ねても素敵です。季節を問わず使えるのが便利ですね。

HANOVE (ハノーヴェ) とは
「HANOVE (ハノーヴェ) 」は「葉の上」という言葉から命名された日本のブランド。古来、人々は葉っぱをうつわとしていたことから、食器の原点である「葉」に想いをはせて名付けられました。

URL:http://hanove.jp/

4.益子焼 利平

クリックして通販サイトへ
「利平」は、益子焼の窯元である「つかもと」の創業者・塚本利平の名を関したブランドです。利平のお皿は、縁に黒の線が特徴的。伝統的な益子焼ですが、現代のライフスタイルにあわせ、洋皿をイメージしてデザインされました。色は黒、青、柿の3色で、どれも料理を美しく見せてくれます。

取扱いショップ:waitea. kobe https://www.rakuten.ne.jp/gold/waiteakobe/

5.アリタポーセリンラボ TIME MACHINEシリーズ

クリックして通販サイトへ
TIME MACHINEシリーズは、伊勢谷友介が代表を務めるREBIRTH PROJECTとのコラボレーションで実現。写真の商品「TERRA(テラ)」は、昔ながらの絵柄を重ね合わせてできたデザインです。伝統とモダンが融合した、美しい商品。色違いでレッドもあります。和食・洋食だけでなく、中華やデザートなどにも使えます。

REBIRTH PROJECTとは
2009年に設立。「人類が地球に生き残るためにどうすべきか」という問いに答えるべく、これまでの消費スタイルを見直し、新たなビジネスを展開している企業です。衣食住のみならず、教育、芸術、まちおこしの分野から社会問題を解決しています。
ホームページ:https://www.rebirth-project.jp/

URL:https://aritaware.com/

6.モダンボヘミア

クリックして通販サイトへ
「モダンボヘミア」は、現在のライフスタイルに合ったガラスのテーブルウェアシリーズです。チェコの伝統的なガラス工芸の技術を受け継ぎながらも、どんなインテリアにも合うスタイリッシュなデザインが特徴。

金属よりも強度のあるガラスで作られているため、ナイフやフォークなどのひっかき傷に強く、食洗機にも対応の優れものです。(一部対応していない商品もあり)また、和・洋・中どんな料理にも使え、他の食器にも合わせやすいです。高級感があるデザインで、おもてなしやギフトにもおすすめです。

取扱いショップ:ル・ノーブル https://www.rakuten.ne.jp/gold/le-noble/

7.Reichenbach(ライヒエンバッハ)

ドイツの老舗ライヒェンバッハ。伝統的でクラシックなもの作りを得意としています。最近では、デザイナーとのコラボにより伝統に現代的な感性をプラスしたシリーズも世に送り出しています。

写真は、New Baroqueシリーズのディナープレート。バロック様式をモチーフにした、リムのデザインが美しいお皿です。シンプルながらもエレガントで高級感があります。

取扱いショップ:Queen Ann http://www.rakuten.co.jp/queen-ann/

8.ラッセルライト アメリカンモダンシリーズ

引用画像:ラッセルライト公式通販 rumors

写真はアメリカを代表する工業デザイナー「ラッセル・ライト」のディナープレート。
ラッセル・ライトは、アメリカ的モダニズムに影響を与えた、アメリカを代表する工業デザイナーです。彼は1930年~1950年に「正式なディナーウェア(食器)とピクニックの紙皿の中間になるような」をコンセプトにカジュアルでデザイン性の高い食器を発表し注目を集めました。

素材は壊れにくいセラミック素材(陶器)を採用し、豊富なカラーバリエーションを展開。また、セット販売が主だった食器を単品でも購入できるようにするなど、ライフスタイルにも影響を与えました。写真のサラダプレートは、アメリカ製陶器史上最多販売数を誇ると言われています。

取扱いショップ:rumors(ルモアズ) http://rumors.jp/

今回紹介したお皿は、どれもデザインがシンプルで、スタイリッシュなものばかり。
手持ちのお皿と合わせて使ってみましょう。

Chiaki(粟村千晶)

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザー
一般社団法人テーブルウェアスタイリスト連合会認定プロフェッショナルテーブルウェアスタイリスト・食空間コーディネーター3級・整理収納アドバイザー1級。
このコラムでは、テーブルコーディネートの専門知識や現場でのコーディネート経験をいいかして、おすすめのうつわ紹介から食器収納のアイデアまで幅広い情報を発信していきます。

Instagram:awamurac
Blog:https://tablestyling.amebaownd.com/

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns