吉田屋(よしだや)

April 27, 2016
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

吉田屋(よしだや)は、近世の九谷焼の中で最も名が知れた窯です。大聖寺の豪商豊田伝右衛門が開いたもので、吉田屋の名は豊田家の屋号です。産を目的とした窯で日用品が主となっていますが、芸術観賞品もうまく併用され作られていました。素地がチタンや鉄分のため灰色となっており、その素地を覆い隠すための濃い色彩が特徴です。

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns