釉下彩(ゆうかさい)

April 27, 2016
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

“釉下彩(ゆうかさい)は器物の表面にコバルト、鉄、銅などを含んだ顔料で文様を描き、その上に透明な釉薬をかけて焼く方法です。コバルトは青、鉄は茶、銅は赤などに発色し、それぞれ染付、鉄絵、釉裏紅などと呼ばれます。

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns