お祝いの食器

センスのいいお母さんに贈りたい、母の日ギフト

April 30, 2020
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

母の日に喜ばれる うつわのギフト10選

5月の第2日曜日は母の日です。いつも家族のためを思って家事などをしてくれているお母さんへのプレゼントは用意していますか? プレゼントは気持ちが大事! お母さんの好きな色やデザイン、または食事の好みなどを思い浮かべて、喜んで使ってくれるものを選びましょう。事前に何が欲しいかヒアリングしておくと間違いがありませんね。

そこで、今回は、大人の女性にふさわしい、日常にも特別な日にも使える上質でおしゃれなうつわをセレクトしました。ワイングラスやコーヒーカップ、年に1回だからこそ贈りたいこだわりのうつわを紹介します。

1.伊万里陶芸 WA・SA・BIシリーズ マグカップ

有田焼の伊万里陶芸が展開しているプロジェクト「∞ARITA」の美しい白いマットなマグカップです。創業400年の長い歴史の中で培われた伝統・技術を駆使して作る新しい有田焼を発表し、世界へ発信していくプロジェクト「∞ARITA」としてブランド展開しています。世界に先駆けてニューヨークでの展示会で発表された、グローバル戦略商品がついに日本国内でも発売されることになりました。

白以外にも金、銀、青磁、茶色もあり全てスタッキングできるので収納もしやすいのでオススメです。ポット、プレート、茶碗、ワインカップもあります。

こちらの製品は贈り物、ギフト用にラッピング対応可です。

【WA・SA・BI HP】http://aritamade.com/ja/brand/wasabi/

2.伊万里陶芸・O.C.Jシリーズ マグカップ

伊万里陶芸のO.C.J(Oriental Complex Japan)シリーズのCrest(クレスト)のマグカップ。白磁に青の星モチーフが映える、まるで中世ヨーロッパ貴族の紋章みたいなデザインです。毎朝コーヒーなどを入れたりと日常使いしやすいマグカップですが、ポットやプレートもあるので合わせるとおもてなしにも使えます。うつわ好きのお母さんへのプレゼント、ギフトにぴったりなマグカップですね。

この他にも茶碗、スープカップ、マグカップ、プレート、箸置きとしても使えるカトラリーレストもあります。

こちらの製品は贈り物、ギフト用にラッピング対応可です。
★伊万里陶芸は商品の種類が豊富です。この他の商品はこちら

【伊万里陶芸HP】http://www.imari-tougei.co.jp/

3.青山窯(せいざんがま) カップ&ソーサー


こちらは青山窯の一番人気「かけわけ」シリーズです。青磁・白磁と色の違う釉薬を分けて掛け、「唐草文」のデザインが現代にも合うよう斬新でモダンな雰囲気に仕上げています。また手に持ちやすく吸い付くような滑らかな質感。優しい色合いで優雅なお茶の時間が楽しめそうです。カップ&ソーサ―としてでだけでなく、別々に使うこともできます。他にもカップや小皿もあります。他の商品についてはこちら

こちらの製品は贈り物、ギフト用にラッピング対応可です。

【青山窯HP】http://www.kawazoe-seizan.com/

4.惣次郎窯(そうじろうがま)向日葵シリーズのうつわ

400年の歴史を持つ有田焼の惣次郎窯。古いなかにも現代感覚を取り入れた染付の美しいうつわばかりです。こちらの夏の雰囲気が美しい色鮮やかな向日葵(ひまわり)の模様。丁寧で繊細に描かれた模様は、藍の色合いが料理を引き立ててくれます。5月を終え、夏に向けて使えるデザインなのも喜ばれそうですね。そば猪口、小皿、スクエアプレート、ポットがあります。

こちらの製品は贈り物、ギフト用にラッピング対応不可になりますのでご了承ください。この他の商品はこちらをご覧ください。

【惣二郎窯HP】http://www.soujirougama.com/

5.文山製陶(ぶんざんせいとう) タンブラー

有田焼400年の歴史を超えて誕生した「布の真似をした磁器」という意味の「ceramic mimic fabric」というブランドです。布をまとったようなカップはナチュラルでどのシーンにも合います。極上の亜麻(リネン)にほおずりしたような、心地よさ。洗い込んだリネンを風になびかせた時のあの風合いがうつわに表現されています。

こちらは縁の部分がゴールド、プラチナ、プレートと3種類揃っています。他にもサイズ違いのカップ、小皿、角皿、片口などもあります。この他の商品はこちら

この製品は贈り物、ギフト用にラッピング対応可能です。

【文山製陶HP】https://www.bunzan.co.jp/

 

6.丸嘉小坂漆器店(まるよしこさかしっきてん)ワイングラス

次に紹介するのは、長野県塩尻市を拠点とする、丸嘉小坂漆器店のワイングラス。漆器を組み合わせた「たおやか(taoyaka)」シリーズの商品です。ワイン好きのお母さんにおすすめのエレガントなデザインです。

ステムが漆器のワイングラスは、ハレの日だけでなく、ふだんのディナーにも使えます。
華やかさと実用性を兼ね備えたグラスはプレゼントに喜ばれそう。シルバーのステムとペアでそろえれば、ご夫婦で使えますね。
同じシリーズのシャンパングラスもあります。他の商品についてはこちら

グラスを使ったクリスマスのコーディネート。詳細はこちらの記事

 

【丸嘉小坂漆器店HP】https://www.maruyoshi-kosaka.jp/

7.DOLIS(ドリス) ロックグラス

今回紹介するのは、大阪で活動するDOLISさんのグラス。サンドブラストという、ガラスの表面に研磨剤を吹き付けることで素材を削り落として彫刻する手法で制作しています。



藤の花が彫られた美しいグラスは、お母さんへのプレゼントにぴったり。色のグラデーションをつけながら彫刻していく「ぼかし彫り」という手法で、花や葉の細部まで表現されています。飲まないときは、飾っておくだけでも素敵なうつわです。
★DOLISさんの商品はこの他にも色々あります。こちらもご覧下さいね!

【DOLIS HP】https://ameblo.jp/dolis-dog-rock/ (ブログ)
 facebook:https://www.facebook.com/pg/dolis/
 Instagram:https://www.instagram.com/dolis_dog.rock/

8.ゴールドクラフト 木のプレート

写真は、ゴールドクラフトの木のプレート。広いリムが特徴で、朝食やディナープレートに重宝します。毎日の食卓に使える、おしゃれなうつわは、贈り物に最適です。また、軽くて、食洗機も使えるのでお手入れも簡単。忙しいお母さんにおすすめです。


陶磁器の大皿の下に敷けば、アンダープレートとしておもてなしにも使えます。カジュアルになりすぎない、スタイリッシュなうつわはあると便利です。

次に紹介するのは、陶磁器における現代日本を代表するデザイナー小松 誠氏がデザインした「風の器」シリーズ。風を受けてなびいているかのようなフォルムが特徴です。


表面は、緩やかな曲面になっており、盛り付けしやすくなっています。金型で成形されるため、同じサイズであればスタッキングができ、コンパクトに収納できます。おもてなし好きのお母さんにおすすめです。

この他にもさまざまな商品があります。詳しくはこちら

【ゴールドクラフトHP】http://goldcraft.co.jp/

9.虚空蔵窯(こくぞうがま)

今回紹介するのは、虚空蔵窯のいっぷく碗。1つ1つ手書きされた花柄の湯呑は、お花好きのお母さんへのギフトにおすすめです。このシリーズはデザインが豊富。お母さんの好きなカラーや花の商品を選ぶと喜ばれそうですね!

上質な光沢は、九谷焼ならではの優雅な雰囲気を感じます。コロンとした丸いフォルムは、女性の小さな手でもフィットします。たっぷりサイズなのもいいですね。

他の商品はこちらをご覧ください。

【虚空蔵窯HP】http://www.kutani-kokuzougama.com/

10.柳屋 (やなぎや) 重箱

有田焼の柳屋のブランド「mimiシリーズ」のハートの重箱。全面に花が描かれた紅白の重箱は、ギフトボックスのよう。自分では買わない、個性的なうつわはプレゼントにぴったりです。 
お正月などおもてなしに使うとテーブルが華やかになります。また、出したままでも素敵なので、お菓子や小物を入れてそのまま飾っておきたくなります。

赤地に白のお花がびっしりと描かれたインパクトのあるデザインは波佐見焼の窯元・利休窯のもの。

ふたの裏側も紅白のハートのデザイン!

同じシリーズの商品を使った春のコーディネート画像はこちら

この商品は、専用ボックスがあります。また、ふたが開閉する有料のボックスも選ぶことができますよ。

詳細はこちらの記事をご覧ください! Mimiシリーズの他の商品はこちら

【柳屋HP】http://www.arita-yanagiya.jp/
 Instagram:https://www.instagram.com/arita_yanagiya/
 facebook:https://www.facebook.com/arita.yanagiya/

母の日のプレゼント特集はいかがでしたか? 毎年のプレゼント選びに悩んでしまう方場合、同じブランドシリーズでも今年はマグカップ、来年はプレートなど異なるアイテムを贈るのもオススメです。大好きなお母さんへのプレゼント、じっくり選んで喜んでもらえる物を贈ってくださいね!

〔取材・編集:テーブルライフ編集部〕

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns