うつわ記事 | 陶器市特集・うつわイベント

春の陶器市(陶器まつり) らくらく行き方&日程まとめ[①関東地方編] 2017 spring

April 06, 2017
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

春はうつわ好き待望の陶器市(陶器まつり)の季節!

うつわ好きの皆様、待ちに待ったイベント。全国各地の焼きものの町で開催される陶器市のアクセスとスケジュールについてまとめました。今回より3回に分けて全国の陶器市(陶器まつり)情報をお届けします!

【最新の陶器市スケジュールをチェック!2018年陶器市一覧はこちら】こちらの記事は2017年版です。

2018春の陶器市・陶器まつり (3〜6月)

全国らくらく行き方&スケジュールまとめ

【2018年3月編】

【2018年4月編】

【2018年5月GW編】

全国のGW陶器市大特集

【2018年5月・6月編】

GW以降開催の陶器市特集

【注目】テーブルライフストアがOPEN! ーここにしかない稀少なモダン食器の専門ショップです
もっと食器の記事を読みたい人へ!「テーブルライフコラム」のメニューはこちら

第1回の今回は首都圏から近い関東地方の陶器市(陶器まつり)。

特に春の陶器市(陶器まつり)はGW(ゴールデンウィーク)に開催が集中し、渋滞や混雑が予想されます。テーブルライフスタッフの経験も反映し、最適なアクセス方法を提案します!



今年こそ陶器市(陶器まつり)に行ってみようという方、毎年決まった陶器市(陶器まつり)に行かれる方、たまには他のところへ訪れてみようという方、ぜひご予定の参考になさって素敵なうつわと出会ってくださいね。

※2017.4.6現在終了してしまった陶器市に関しては掲載していません。

1.関東地方

2.中部地方

3.関西・中国・四国地方

4.九州地方

 

.

1.関東地方

首都圏で一番近いのはなんと言っても益子・笠間。いずれもこの地域で作陶している伝統工芸師のほか、オリジナルのうつわを作る陶芸家に加え全国から作家・窯元が集結して出展しています。特に益子陶器市はGWを丸々使った9日間の開催予定となっております。

笠間・益子ともに秋にも開催し年2回の機会がありますが、圧倒的に出展数も賑わいも春の方が大きいです。

また注目は「藤野ぐるっと陶器市」。都心からは比較的近く、掘り出し物のうつわを探すにはぴったりの陶器市。5月中旬の暖かくなる季節に足を運んでみてください!

笠間の陶炎祭(ひまつり)

 茨城県

 笠間焼

 4/29(土)~5/5(金)

 公式HP

益子陶器市

 栃木県

 益子焼

 4/29(土)~5/7(日)

 公式HP

藤野ぐるっと陶器市

 神奈川県

 5/20(土)~5/21(日)

 公式HP

.

笠間の陶炎祭(ひまつり)(茨城県笠間市) 4/29〜5/5

公式ホームページhttp://www.himatsuri.net/

笠間に集まった陶芸家さんたちを中心とした、オリジナリティの高い陶器市です。200件以上の店の出展があり、2015年には期間中50万人もの人手がありました。同時期に開催されている益子とは距離も近く春はシャトルバスも出ています。

欲張りなうつわ好きには是非両方を制覇してもらいたいです!IMG_2638

会場:笠間芸術の森公園イベント広場

〒309-1611 茨城県笠間市笠間2345

アクセス:

自動車→北関東自動車道「友部IC」または常磐自動車道「友部スマートIC」http://himatsuri.exblog.jp/27698505/ (市内無料臨時駐車場よりシャトルバス無料)

鉄道→JR水戸線「笠間駅」または「友部」駅より会場までシャトルバス(大人100円/子ども50円)あり。

「笠間駅」よりかさま観光周遊バス(100円)、レンタサイクルもあり。

高速バス→秋葉原駅発・関東やきものライナー(1,500円・2枚2600円)「やきもの通り」下車

※陶器市期間中は予約ができません。当日秋葉原駅で並んで乗車するしかありません。

特に初日・2日目は常磐自動車道の渋滞が激しいため、高速バスの大幅な遅延は覚悟してください。できれば最初の2日間は鉄道を利用された方がよいでしょう。また期間中増発され、7:30発から何本か出ますが初日は秋葉原駅では1時間以上前から行列ができますのでご注意ください。
笠間←→益子シャトルバス 1時間30分に1本程度、一日5〜6往復で大人500円/子ども250円にて45分程度のシャトルバスが運行しています。(お出かけの際はご確認ください。茨城交通笠間営業所0296-72-0141)

 

益子陶器市(栃木県芳賀郡益子町) 4/29〜5/7

公式ホームページhttp://www.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/index.shtml

全国各地から500軒を越える作家・窯元が販売テントを立ち並ばせる、最大級の陶器市です。首都圏から近いこともあり、期間中40万人の人手があると言われています。(笠間の統計から推測すると、近年はもっと動員していると思われます)

地域の伝統工芸師から新鋭の作家までありとあらゆるテイストを楽しめる興奮間違いなしの陶器市です。

IMG_2547

会場:益子町一帯

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子706−2

アクセス:

自動車→北関東自動車道「真岡IC」または「桜川筑西IC」

鉄道→JR東北本線・新幹線「小山駅」→JR水戸線「下館駅」→真岡鐵道「益子駅」

高速バス→秋葉原駅発・関東やきものライナー(2,000円・2枚3,500円)「陶芸メッセ入口」下車

※陶器市期間中は予約ができません。当日秋葉原駅で並んで乗車するしかありません。

路線バス→JR東北本線・新幹線「宇都宮駅」より東野バス「益子駅行き」で約1時間

※笠間同様、特に初日・2日目は常磐自動車道の渋滞が激しいため、高速バスの大幅な遅延は覚悟してください。できれば最初の2日間は鉄道を利用された方がよいでしょう。また期間中増発され、7:30発から何本か出ますが初日は秋葉原駅では1時間以上前から行列ができますのでご注意ください。
笠間←→益子シャトルバス 1時間30分に1本程度、一日5〜6往復で大人500円/子ども250円にて45分程度のシャトルバスが運行しています。(お出かけの際はご確認ください。茨城交通笠間営業所0296-72-0141)

 

藤野ぐるっと陶器市(神奈川県相模原市緑区) 5/20・21

公式ホームページhttp://yuruyuru.wixsite.com/fujino-potter-market

芸術の町・藤野で開催される、年1回の陶器市。

名前の通り、町を広く使って緑の中を散策するような陶器市になっています。残念ながら車がないと全部を回りきることは難しいです。公式HPによれば2017年はシャトルバスが運行とのこと。
じっくり地図を見て、作戦を練ってから訪れることをオススメします!

fujino-photo

出典:藤野ぐるっと陶器市公式HP(http://yuruyuru.wixsite.com/fujino-potter-market)

アクセス:

自動車→中央自動車道「相模湖・藤野IC」

鉄道→JR中央本線「藤野駅」より「やまなみ温泉行き」バス乗車

一番近いレンタカー→JR中央本線「高尾駅」トヨタレンタカー(約20km) または中央本線「八王子駅」多数あり(約28km)

 



いかがでしたか?

気になるその他の地方については以下にて別途ご案内します!

2.中部地方

3.関西・中国・四国地方

4.九州地方

 

Instagram
キャッシュ不使用
Latest Columns