ショップの潜入取材

北欧雑貨好き必見!表参道・原宿の「ソストレーネ グレーネ」潜入レポ【その①】

April 12, 2017
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

【注目】テーブルライフストアがOPEN! ーここにしかない稀少なモダン食器の専門ショップです
もっと食器の記事を読みたい人へ!「テーブルライフコラム」のメニューはこちら

デンマーク発 ライフスタイルブランド「SØSTRENE GRENE / ソストレーネ グレーネ」日本1号店

最近大人気の北欧雑貨。ヨーロッパでは絶大な人気を誇り全世界に110店舗以上を構える「ソストレーネ グレーネ」の日本1号店が表参道・原宿エリアに2016年10月にオープン。

テーブルライフでは話題のプチプラ雑貨ショップを潜入取材してきました!

店内はインテリア好きな人を夢中にさせるアイテムばかり。あまりの商品数にまとめきれず、2回に分けて潜入レポをお送りします。

第1回は1階の生活雑貨・インテリア雑貨とDIYグッズが中心、第2回は食器などのキッチン雑貨中心です。それではご覧ください!

【関連記事】

  1. SNS映えの限定木箱!ソストレーネ グレーネのおしゃれ木箱の使い方
  2. 表参道・原宿の「ソストレーネ グレーネ」潜入レポ【その②】
  3. ソストレーネ グレーネ 2017秋のコレクション
  4. 『Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)』がプライムツリー赤池に東海地方初店舗①
  5. 『Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)』がプライムツリー赤池に東海地方初店舗②
  6. 北欧雑貨『Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)』でテーブルコーディネート特集第1弾!
  7. 北欧雑貨『Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)』でテーブルコーディネート特集第2弾!

デンマーク風の佇まい。シャープだけど暖かい、その世界観。

ソスグレ01

店名:SØSTRENE GRENE(ソストレーネ グレーネ)表参道店 
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-13
営業時間:11:00〜20:00
定休日:なし
url:http://sostrenegrene.com/ja/
アクセス:JR山手線「原宿」駅徒歩7分、地下鉄千代田線・副都心線「明治神宮前」駅徒歩4分、地下鉄千代田線・銀座線・半蔵門線「表参道」駅徒歩5分



ソストレーネ グレーネ(通称ソスグレ)は1973年にデンマークのオーフスという街で生まれたブランド。表参道ヒルズの裏・神宮前小学校の角に構えたその店構えは、コペンハーゲン市内の高級住宅街と同じようにガラス張りで世界観を表に表現している佇まいを思い起こします。

フロアは2つに分かれており、1FはインテリアとDIY用品(ラッピングやデコレーション)、2Fは食器や生活用品となっています。

さっそく潜入!店内のルールとは?

さっそく店舗入り口から潜入開始します。

ソスグレ02

ここで大事なルール。「ショップ内は一方通行です。お気に入りを見つけたらその場でかごに入れましょう。」とのこと。いわゆる「IKEA方式」ですね。もし商品が気になったらまずかごに入れて、あとで不要になったらレジで返品をしましょう。

ソスグレ03

ちなみにかごはヨーロッパでは一般的な転がして引っ張れるこのようなタイプです。(モデル:弊社専属テーブルライフプランナー Nayumiさん)



なんと毎週入れ替わるテーマ。お店のフロント部分に注目!

 

ソスグレ03a店内の商品は(全てではないですが)1週間ごとに新しく入れ替わるという、とんでもない早さで回転しているそうです。これは気になったらすぐに手に取らないと二度と手に入りませんね。

この週のテーマは「アウトドアリビング」。お庭やバルコニーを彩るアイテムが取り揃えられていました。

「ちょっとのアイデア・工夫で日々の生活を楽しくしよう」というコンセプト

ソスグレ03b「アンナとクララ」という架空の姉妹が紹介するデンマークのライフスタイル。吹き出しで商品が紹介されていますが、台詞が割とシュールなのが世界観をうまく表している感じがしますね。アンナはデザインが好き・クララはロジカルに値段を決めるのが得意という設定だそうです。右脳派と左脳派で役割分担がされているんですね。

店内の各所にこのフォーマットで紹介されているのでこれにも注目してみるのも楽しい!



特徴はその色使い。ペールトーンの北欧雑貨。

ペールトーン(ビビッドの逆、くすんだ淡い色調)が特徴で、鮮やかなビビッドカラーはほとんどありません。グレイッシュとかスモーキーともいいますね。あまり主張しないデザインは日本人にぴったりの雑貨が数多く取り揃えられています。

ソスグレ04

店内に入ると最初に目に飛び込んできたのは造花。注目はそのラインナップです。ユーカリやアネモネなど草花系のくすんだ色味の造花はなかなかお目にかかれません。特にパーティープランナーさんに絶大な人気を誇るらしいです。

ソスグレ04a

この色合いと草花との調和。バルコニーに出て食事を取りたがるヨーロッパの人たちを思い起こします。

ソスグレ05

キャンドルスタンドが充実しているのもヨーロッパの文化を感じさせるアイテムですね。北欧テイストを醸し出すにはキャンドルをうまく使うのがコツだそうです。ソスグレ06

もう少し進むと同じテイストでのチェアやミニテーブルが。雑貨だけでなくインテリア商品も置いてあるのは嬉しいですね。


特徴的な木箱の商品陳列

ソスグレ08ソスグレ09

グローバルで統一された棚と木箱。ご希望のお客様には古くなって入れ替えるものを販売もしているそうです。確かにこれはお洒落な道具入れになりますよね。写真のように縦に木箱を並べるのがソストレーネ グレーネのディスプレイの特徴でもあるそうです。

ステーショナリーはユニークで超オシャレ!

ソスグレ10ソスグレ11

文房具も充実しています。特に子ども用にお買い求めになるオシャレママに大人気!
リーズナブルでこのセンスは女子高生にも好評だそうです。



ソスグレのもう一つの特徴、”DIY”

公式ホームページにも公開されているこちらの動画をご覧ください。
ソスグレ12

ソストレーネ グレーネが推奨するもう一つの特徴”DIY”。手作りのおもてなしを作るアイテムが店内至るところに陳列されています。このDIY動画、とても一日では見きれないくらい大量に公式ホームページにアップされていますのでぜひご覧ください!(お時間のあるときでないと夢中になって何本も見てしまうのでご注意!)

公式ホームページ:http://sostrenegrene.com/ja/diy%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC/

ソスグレ13



突如現れた毛糸コーナー。編み物をされるお客様がいらっしゃるのかな?と思いきや、オシャレなボックスをさらにデコレーションするのに毛糸を使われることが多いということで、DIYの重要なアイテムのひとつなんですね。

ソスグレ13aソスグレ14

手作りでのおもてなしが好きな人はわくわくするアイテムだらけ。このコーナーだけで1時間くらい費やしそうです。

ソスグレ15

ラッピング用品も充実。北欧テイスト全開で、模様・カラーの種類もとても充実しています。ハマる人は本当にハマります。このラッピング紙でテーブルクロス代わりにするのもオシャレですね。

テーブルライフでは撮影のときにうつわの下に敷くテーブルクロス代わりに何枚か購入させていただきました。



小さいお子様に大人気!ペーパートランク

ソスグレ16

なかなか片付けてくれないおもちゃなどを自発的に片付けてくれる魔法の箱、ペーパートランク。ソストレーネ グレーネではペーパートランクを取り扱っていますが、商品の入れ替わりが激しいので気に入った柄を見つけたら迷っているヒマはありません。大・中・小まとめて購入することをオススメします!

 

いかがでしたか?



第2回は2階フロアの食器・キッチン雑貨を特集します。
こちらからご覧ください!

北欧雑貨好き必見!表参道の「ソストレーネ グレーネ」潜入レポ【その②】


【関連記事】

  1. 表参道・原宿の「ソストレーネ グレーネ」潜入レポ【その①】
  2. 表参道・原宿の「ソストレーネ グレーネ」潜入レポ【その②】
  3. ソストレーネ グレーネ 2017秋のコレクション
  4. 『Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)』がプライムツリー赤池に東海地方初店舗①
  5. 『Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)』がプライムツリー赤池に東海地方初店舗②
  6. 北欧雑貨『Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)』でテーブルコーディネート特集第1弾!
  7. 北欧雑貨『Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)』でテーブルコーディネート特集第2弾!

 

(取材・写真:テーブルライフ編集部、テーブルコーディネート:Nayumi)

【注目】テーブルライフストアがOPEN! ーここにしかない稀少なモダン食器の専門ショップです

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns