テーブルコーディネーターのお仕事 | 住宅展示場ダイニングコーディネート

冬のテーブルコーディネート@へーベルハウス幕張フレックス

February 18, 2020
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

こんにちは。テーブルコーディネーターMEGUMIです。

暦の上では立春を過ぎましたが一年で一番寒さの厳しい時期ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

冬のテーブルコーディネート

今月のヘーベルハウス幕張フレックス(G3B)様のテーブルは、冬がテーマのテーブコーディネートです。シックな色合いとシンプルなしつらえでひんやり冷たい空気感を表現しました。

フラワーは今が旬のアネモネに冬らしい枝を添えました。

陶房かんなのうつわ

今回コーディネートで使用しました飴色(アメ)とグリーン(チタン青)のうつわは、福岡県宗像市の「陶房かんな」工藤晃一さんの作品です。

工藤さんは、代表作である工業的、金属的な「インダストリアルスタイルカップ」をはじめ、木目調のマグカップ、料理を彩りを鮮やかに引き立てるプレート、等オリジナルデザインのうつわを作っています。

インダストリアル スタイル カップは名前通り、機械的、金属的に仕上げた焼き物です。一つ一つ違ったスタイルを目指して製作してますので一点物、という意味を込めて通し番号、シリアルナンバーを刻んでいます。

今回コーディネートで使用しましたデザートプレートは、黒、アメ、チタン青の3色展開です。

縁に少し高さがありますのでソースがあるお料理やデザートにも使いやすいプレートです。

工藤さんのうつわ作りへの思いを伺いました。

「料理の彩りを鮮やかに引き立てる肌合いと色調の器作りをモットーに少し落ち着いた雰囲気の器を製作しております。日々の暮らしの中の道具としてお使い頂ければ幸いです。」

落ち着いた色合いのうつわは沢山ありますが、このような凝った質感でかっこいいうつわは探すとなかなか見つかりません。工藤さんの今後の作品がとても楽しみです。

テーブルライフオンラインストアではこの他にも陶房かんなの商品をお取り扱いしております。ぜひご覧ください。

工藤晃一(くどうこういち)

大分県生まれ

大阪芸術大学芸術学部卒業後、公募展や個展を中心に活動

現在、福岡県宗像市にて作陶

料理の彩りを鮮やかに引き立てるプレートや鉢、金属的な雰囲気の「インダストリアル スタイル カップ」などオリジナルデザインの作品が特徴

お問合せ先

陶房かんな

HP: https://www.toubou-kanna.com/

その他コーディネート使用アイテム

・花器: east side tokyo

・キャンドルフォルダー: ナハトマン

・カトラリー: EME

・ナプキン: ボルゴデルトヴァーリエ

・アンダープレート: andCtokyo

・ワイングラス: リーデル

テーブルコーディネーター MEGUMI

大学卒業後、金融機関に勤務の傍ら、料理、お菓子を勉強していく中でテーブルコーディネートに興味を持ち、dining & style 山本侑貴子氏に師事。

現在、千葉市にてお菓子作りとテーブルコーディネートの楽しさを伝える教室を主宰。2児の母。

dining & style インストラクター、ル・コルドンブルー製菓ディプロム取得

blog: https://ameblo.jp/sugargrace/

協賛企業:旭化成ホームズ 幕張展示場 フレックス(G3B)
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-7 幕張ハウジングパーク内
043-213-6151
Instagram
キャッシュ不使用
Latest Columns