テーブルコーディネーターのお仕事 | 住宅展示場ダイニングコーディネート

春のテーブルコーディネート@ヘーベルハウス幕張キュービック

April 09, 2020
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

こんにちは。テーブルコーディネーターMEGUMIです。

4月に入り新年度になり新生活をスタートされる方も多いと思いますが、新型コロナウィルスの影響で世界中で心配な状況が続いております。皆様体調にはくれぐれもお気をつけください。

春のテーブルコーディネート

今月のヘーベルハウス幕張キュービック様のテーブルは、ヴィンテージ感のあるうつわを使いちょっぴり大人な雰囲気の春のテーブルコーディネートをさせていただきました。うつわのご紹介は後程。

落ち着いたベージュ、ブラウンをベースにやさしく柔らかなクリームイエローをアクセントにしました。

テーブルランナーはゴールドベージュのゼブラ柄風の生地で手作りしました。イメージに合う既製品が見つからないときはこうして手作りすることもあります。

最後に色のバランスをとるためクリームイエローの手作りカードも添えました。

 

秋山昌史さんのうつわ

今回コーディネートで使用しておりますうつわは、静岡県焼津市の陶芸家、秋山昌史(あきやま まさし)さんの作品です。

秋山さんの作るうつわは、銀彩、黒結晶釉、錆青磁釉などの独自の釉薬を使った独特な雰囲気のある作品となっております。ヴィンテージ感の中にどこか可愛らしさのあるうつわです。

秋山さんはたいやきをモチーフにしたピン、ブローチ等のアクセサリーも作られています。かわいいですね。

秋山さんに制作するうえでの思いをうかがってみました。

「うつわは貼花と鎬という技法で装飾したものを主に制作しています。使いやすくて長くお使い頂けるものを作れるように心がけています。
手に持った時の厚みや重さ、料理を盛り付けた時のあわせやすさなど、ぜひ使うところも想像しながらお手に取って頂きたいです。
陶器製のタイヤキシリーズは、以前グループ展を開催した際に型物や既製のデザインの量産品を作品化できるかというようなことを共通のテーマにしたことがあり、その時から制作しています。
『焼き物』にかけたシャレになっていることや、粘土で食べ物モチーフを作品にしたら面白いかと思い作りました。
初めは画鋲やストラップなど種類は少なかったのですが、お客様からピアスやヘアゴムなどのご希望があるたびに種類も増えて、いまのようなシリーズになっています。」

 

今回コーディネートで使用しましたのは、銀彩台皿、黒結晶釉台皿、水差しです。

写真ではなかなかお伝えしにくいのですが、繊細な縁飾りと銀彩の方には表面に貫入模様が入っており凝ったデザインになっております。

こちらは銀彩の水差し(小)です。程よい大きさでテーブルフラワーを飾るのにぴったりです。大きなサイズもあります。

テーブルライフオンラインストアではこの他にも秋山昌史さんの商品をお取り扱いしております。ぜひご覧ください。

秋山昌史 masashi akiyama

1982  静岡県生まれ

2008  京都伝統工芸大学校卒業

2008  ㈱G+C ART 箱根CRAFTHOUSE入社 陶芸作家

2008  金沢わん・0ne大賞2008入選

2009  銀座藤屋画廊 GLASS&CERAMIC ART emsemble 展

2011  静岡県焼津市を拠点に活動
【お問合せ先】

秋山昌史

Email: info@masashiakiyama.com

HP: http://masashiakiyama.blog.fc2.com

Instagram: https://www.Instagram.com/masashiakiyama

 

その他コーディネート使用アイテム

・カトラリー: EME

・ワイングラス: 私の部屋

・ナプキンリング、スパイスボウル: アトリエジュンコ

・ナプキン: ZARA HOME

テーブルコーディネーター MEGUMI

大学卒業後、金融機関に勤務の傍ら、料理、お菓子を勉強していく中でテーブルコーディネートに興味を持ち、dining & style 山本侑貴子氏に師事。

現在、千葉市にてお菓子作りとテーブルコーディネートの楽しさを伝える教室を主宰。2児の母。

dining & style インストラクター、ル・コルドンブルー製菓ディプロム取得

blog: https://ameblo.jp/sugargrace/

協賛企業:旭化成ホームズ 幕張展示場 キュービック(Lハットモデル) 
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-7 幕張ハウジングパーク内 043-274-8331
Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns