テーブルコーディネーターのお仕事 | 住宅展示場ダイニングコーディネート

紅葉の和モダンテーブルコーディネート@ヘーベルハウス幕張キュービック

October 13, 2020
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

こんにちは。テーブルコーディネーターMEGUMIです。

10月に入りすっかり日が暮れるのが早くなり、深まる秋を感じる今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。

紅葉の和モダンテーブルコーディネート

今月のヘーベルハウス幕張キュービック様のテーブルは、少し早いですが紅葉がテーマの和モダンコーディネートです。

紅葉の赤、黒、白、ゴールドをベースに、オレンジをアクセントカラーにしました。

今回使用するうつわのシャープでモダンな雰囲気を生かしたかったので、コーディネートもそんな雰囲気を出すように組み立てました。

すっきりとしたモダンなフォルムの黒のグラスやホワイトの花器、アクリル製の折敷など・・・。

テーブルランナーとして使用したゴールドの生地も、写真では見えにくいのですが、レザー調になっていてモダンな雰囲気を出すのに一役買っています。

 

伊万里焼瀬兵窯の「刷毛目」シリーズ

今回コーディネートで使用しましたうつわは、佐賀県伊万里市の伊万里焼窯元、瀬兵窯を代表する人気商品「刷毛目」シリーズです。

熟練の職人がひとつひとつ一筆書きで一気に力強い模様を描いており、同じうつわでも微妙に模様に違いがあるのですが、そこがまたうつわの個性として魅力のある商品となっています。

カラーは黒と赤の2色で、それぞれ金の上絵付が施されており、普段使いは勿論、お正月などのお祝い事にぴったりなうつわです。

あえて変形がかったモダンな形状で、表面には凹凸の彫が入っています。そのため、手に持った時に馴染むので、滑りにくく非常に持ちやすいところもうれしいポイントです。

瀬兵窯は、1924年(大正13年)に瀬戸口兵次氏が伊万里市大川内山にて創業し、花瓶や火鉢の製造を始めました。

戦時中は、共同の硝子や火鉢を造り、終戦後1951年(昭和26年)より唐子を作り出しました。

現在は、創り手から送り手へ、そして使ってくれる人に豊かで快適な生活の風を伝えたいと思いから、『伊万里からの新しい風』を企業テーマとして掲げ、先代会長の創業精神を引き継ぎ昔と今の融合がうまく重なり合った器を作り出しています。

瀬兵窯

〒848-0026 佐賀県伊万里市大川内町丙平尾1964

電話:0955-23-2749 / FAX:0955-22-7640

Email: info@sehyou.com

HP: http://www.sehyou.com/ 

      https://imariyaki.jp/

テーブルライフオンラインストアでも瀬兵窯のうつわをお取り扱いしておりますので、ぜひご覧ください。

その他コーディネート使用アイテム

・黒のスクエアプレート: 堀有一郎(テーブルライフストアにて販売中)

・グラス: スガハラ

・ナプキン: テーブルレシピ

・花器: east side tokyo

・テーブルランナー: 生地屋さんで購入

テーブルコーディネーター MEGUMI

大学卒業後、金融機関に勤務の傍ら、料理、お菓子を勉強していく中でテーブルコーディネートに興味を持ち、dining & style 山本侑貴子氏に師事。

現在、千葉市にてお菓子作りとテーブルコーディネートの楽しさを伝える教室を主宰。2児の母。

dining & style インストラクター、ル・コルドンブルー製菓ディプロム取得

blog: https://ameblo.jp/sugargrace/

協賛企業:旭化成ホームズ 幕張展示場 キュービック(Lハットモデル) 
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-7 幕張ハウジングパーク内 043-274-8331
Instagram
キャッシュ不使用
Latest Columns