食器のノウハウ

使い勝手がいいのは白い食器

July 07, 2016
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

皆様はじめまして。

この度こちらのオフィシャルコラムを書かせていただくことになりました、テーブルライフプランナーのNAYUMIと申します。

私は現在自宅にてお料理&テーブルコーディネートレッスン、親子クッキングレッスン、住宅展示場でのテーブルコーディネートなど、食空間に関わる活動をしております。

実はこれまで世界5か国(シンガポール・フランス・トルコ・イタリア・ペルー)に在住経験があり、世界各国の様々な食器に触れ、実際に使用してきました。

■シンプルな白の食器の魅力table setting 01

長い海外生活の中でも使い勝手が良かったのは何といってもシンプルな白の食器。

その理由は

「シンプルで上品、しかもどの料理・テーブルコーディネートにも合わせやすい」

から。

白い食器はレフ版のような役割を持ち、お料理の色を引き立ててテーブル全体を綺麗に見せる効果もあるので、多くの一流レストランが使っているのも事実。

テーブルコーディネートにおいても暗めの色のテーブルクロスや異素材の食器と一緒に使うことで、白い食器がより引き立ちます。

食器はRichard Ginori インペロホワイト フルーツソーサー14cm 価格:1350円(税込み)

■白の食器の選び方table setting 02

白と一口に言っても、純白色や青みがかったもの、クリームがかったものなどの色のトーンや、磁器や陶器の種類、メーカーによっても微妙に違うので、できれば同じ素材・トーンのものを揃えることをおすすめします。

ちなみに我が家で愛用している白の食器はRichard Ginori(リチャード・ジノリ)のインペロホワイトととディアゴノホワイトの2つのシリーズ。パリに長年住んでいた伯母の勧めで購入しました。

どちらのシリーズもジノリシリーズの中では日本ではあまり馴染みのない(人気のない。。。)、業務用に使われることの多いシリーズですが、柄も飾りもない至ってシンプルなデザインゆえ、和洋アジアンどんなお料理にも合わせることができ、日常使いからおもてなしシーンと幅広く使える超万能選手!

自宅でのお料理レッスンで出す様々なジャンルのお料理にもこちらのシリーズをよく使っております。

食器はRichard Ginori インペロホワイト フラットプレート 20cm 2,430円(税込み)より

■シンプルなものこそ信頼の置ける丈夫なものを!

また購入してから4回の国内&海外引越しを経て10年経っていますが、全て壊れず色褪せもしていないほど丈夫!この丈夫さが伯母が勧めた理由の1つでもあります。(ヨーロッパは水事情が悪く、一昔前の食洗機の食器に与えるダメージはかなり大きかったそう・・・)そのため引越しの多い我が家では本当に重宝しています。

これらの食器はたまたまイタリアに住んでいた時に運よく安く揃えることができたのですが、ブランドに拘らず、まずはご自分が気に入ったものを揃えるとよろしいかと思います。

食器は使っているうちに色々とアイデアが出てきますので食器選びに迷っている方はまず最初に白い食器を選ぶことをおすすめいたします!IMG_3582

 

食器は全て左上Richard Ginori(下)ディアゴノホワイト スーププレート21㎝ 4,860円より 左上(上)インペロホワイト フルーツソーサー 14cm 1,350円(税込み)
右上 インペロホワイト オーバルディーププラッター 24.5cm
下(下から)ディアゴノホワイト スクエアプレート 26cm/21cm インペロホワイト フラットプレート 20cm  ディアゴノホワイト スクエアボウル 16cm

IMG_0065 04テーブルライフプランナー・NAYUMI

大学卒業後、外資系航空会社就職をきっかけに海外移住開始。結婚後も夫の転勤等でこれまで世界5か国に在住し、料理・語学・異文化を学ぶ。
帰国後は山本侑貴子氏に師事し、テーブルコーディネートの認定講師の資格を取得。
現在は自宅でテーブルコーディネート&料理レッスン・親子クッキングレッスンを行う他、住宅展示場でのテーブルコーディネートも行う。また6歳・5歳の2児の母でもある。
ブログ:http://ameblo.jp/amaroneamarone/

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns