収納

ちょっとの工夫で使いやすくなる!食器収納5つのアイデア

February 20, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

ちょっとの工夫で使いやすくなる!食器収納5つのアイデア

食器がたくさんあるのに、いつも同じアイテムばかり使ってしまう。いざという時のおもてなしに使いたい食器が見つからない!今回は、そんなお悩みを解決するための食器収納のアイデアを5つ紹介します。

食器を整頓、収納する前に…

使う食器を決めましょう!
食器を収納する前に、食器棚にある食器をすべて出してみましょう。その際に1年以上使っていないものは処分する等、自分なりのルールを決めて、使う食器を選びましょう。使っていなくても、旅行の記念にとっておきたいものなどは無理に捨てなくてOKです。

1.使用頻度別に収納する

使う食器を決めたら、使用頻度別に食器棚に収納していきます。
ご飯茶碗など、よく使うアイテムは、取り出しやすい位置に収納すると、盛り付ける時に出し入れがスムーズになり家事効率がアップしますよ。
ちなみに、取り出しやすい位置とは「目線から腰の高さまで」。整理収納用語では「ゴールデンゾーン」と呼びます。腰を曲げたり、体の負担なく物の出し入れができるので、片付けもスムーズになります。
また、あまり使わないものは、ゴールデンゾーンの上下に収納します。例えば、重量のある土鍋などは下に、重箱など落下しても被害の少ない軽いものは吊戸棚など高い位置にしまうといいですよ。

2.種類別に収納を変える

頻度別に収納する場所を決めたら、種類別に収納します。食器はサイズや形がばらばらな食器は種類別に収納方法を変えましょう。

①お皿

重ねて収納する場合:
お皿を重ねる場合、5枚までが目安。それ以上重ねると取り出しにくく、一番下のお皿は使わなくなってしまいます。また、上に手が入る分の隙間を確保して収納しましょう。

立てて収納する場合:
ファイルボックスやケース、専用のプレートスタンドなどを活用して立てて収納すると、取り出しがスムーズです。ただし、収納スペースに高さが必要です。

重ねる収納と立てる収納を併用した例(出典:ディノスオンラインショップhttps://www.dinos.co.jp/p/1296500543/

②グラスは縦1列に並べる

グラスは縦一列に並べると、手前から必要な数だけ取り出すことができて便利です。
グラスの数が多い場合、奥行きのあるトレーにのせるなど、取り出しやすいよう整頓と工夫をしましょう。


 ③カトラリー・豆皿、箸置きなど

引出し収納のメリットは、上から見渡せること!カトラリーなど細かいものの収納は、何があるか一目でわかる、引出しに収納すると探すことなく取り出せます。
ただし、カトラリーは来客が多い場合などにスタンドやバスケットに立てて収納すると、そのままテーブルに出すことができて便利です。

カトラリーは引出しかスタンドに立てて収納(出典:https://item.rakuten.co.jp/zakka-elements/62530/

3.食器のサイズに合わせて空間を区切る

収納スペースをムダにしないために、食器のサイズに合わせて空間を区切りましょう。その際、収納用のボックスやケース、仕切り板などを活用するのがおすすめです。
空間をピッタリ区切ることで余計なものが入らなくなるので、「モノが増えない」効果もあります。

↓ コの字ラック(商品名:プラスラック)を使うと上下に収納できるので、収納量が倍増します(出典:セシールオンラインショップ)(出典:セシールhttps://www.cecile.co.jp/detail/WF-3578/

コの字ラック(無印良品のアクリル仕切り棚)はテーブルコーディネートにも使えます!
高さを演出したいときやディスプレイに便利です。

 4.一緒に使うアイテムはまとめて収納する

朝食用のパン皿やマグカップなど、一緒に使うものをトレーなどにひとまとめに収納しておくと便利です。
ちなみに、私はティーカップとポットなどをティーセット専用の引出しにまとめて収納しています。急な来客などにさっと用意できておすすめですよ。


 5. 見せる収納と隠す収納を使い分ける

ブランド食器やコレクションしている食器など見せて収納したい場合、種類、サイズ、カラーなどを揃えて並べると統一されまとまります。
食器をすべて隠してしまうのもありですが、和食器などデザインがバラバラで見せたくないものは、引き出しにしまうなど収納するアイテムや場所によって見せる収納と隠す収納を使い分けてみましょう。
食器を見せることで、インテリアのアクセントになりますよ。

出典:ディノスオンラインショップhttps://www.dinos.co.jp/p/1357100562/


いかがでしたか?
収納を少し工夫するだけで、使いやすさが改善します。
今回紹介したアイデアをぜひ試してみて下さいね。

[取材・編集 テーブルライフ編集部 Chiaki]

Chiaki(粟村千晶)
テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザー
一般社団法人テーブルウェアスタイリスト連合会認定プロフェッショナルテーブルウェアスタイリスト・食空間コーディネーター3級・整理収納アドバイザー1級。
このコラムでは、テーブルコーディネートの専門知識や現場でのコーディネート経験をいいかして、おすすめのうつわ紹介から食器収納のアイデアまで幅広い情報を発信していきます。
Instagram:awamurac
Blog:https://tablestyling.amebaownd.com/