用途別

おしゃれなマグカップで1日を始めよう ~モダンなマグカップ10選~

June 24, 2019
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

テーブルにあるだけでおしゃれ! モダンなマグカップと毎日を過ごそう

マグカップは、毎日の食卓に欠かせないアイテムです。1日に何度も使うものだから、気に入った「いいもの」を選びたいですね。

今回は、実用的でおしゃれな、モダンなマグカップを紹介します。どれもデザインが素敵なので、テーブルにあるだけで様になるものばかり。お花を活けたり、インテリアとして楽しむのもおすすめですよ!

【こんな記事もおすすめ】
・毎日のコーヒータイムをおしゃれに! モダンな波佐見焼のマグカップ7選
テーブルコーディネーターがオススメする、和モダンな陶器のマグカップ特集毎日使うものだからこだわりたい!自分へのご褒美やギフトにおススメな和食器のマグカップ
テーブルコーディネーターが選ぶ益子焼のマグカップ&コーヒカップ

 

 

1.Anthropologie(アンソロポロジー)

引用画像:公式HP

アンソロポロジーはニューヨークのSOHOにあるセレクトショップ。特に食器は、他にはない個性的で洗練されたデザインが特徴です。日本では、スタイリストさん等が雑誌で紹介するなどして知られるようになりました。

写真右上のマグカップは、「Caskata Marrakech Mug」という 商品。モノトーンの幾何学模様は、モロッコのマラケッシュの街をイメージした、モダンなデザインです。同シリーズのプレートと合わせてコーディネートすれば、テーブルがスタイリッシュに!

イニシャル入りの商品も個性的!
アンソロポロジー イニシャルMUG イニシャルマグカップ

URL:https://www.anthropologie.com/

 

2.fireking(ファイヤーキング)

引用画像:公式オンラインストア

アメリカンモダンの代名詞ともいえる、ファイヤーキング。1905年の設立以来、時代を超えた魅力は今も衰えません。写真のマグカップは、ブランドを代表するジェダイシリーズの「ハンドルマグジェダイ」。ヒスイ(翡翠)カラーと、厚みのあるぼってりとしたフォルムは飽きることなく長く愛用できます。スタッキングできるものもあり、実用性も考えられています。

「知床」の世界遺産認定を記念の商品など、限定商品も魅力です。1客ずつコレクションしたくなりますね。

URL:https://fireking-japan.com/

3.andCtokyo(アンドシートウキョウ)

andCtokyoは日常をホテルライクにというコンセプトで、スタイリッシュな器を展開しています。
今回紹介するのは、andCtokyoの代名詞ともいえる、Lily柄のカップ&ソーサー。
シンプルモダンなデザインのうつわは、使うだけで優雅な気持ちになります。日常使いはもちろん、おもてなしやギフトにもおすすめの商品です。同じデザインのプレートとあわせれば、シノワズリテイストの素敵なコーディネートが楽しめますよ!



コーディネートしたテーブルがこちら
詳しくはこちらの記事をご覧ください!

URL:http://andc.tokyo/
instagram :https://www.instagram.com/andctokyo/

4.伊万里陶芸・WASABIシリーズ

今回紹介するのは伊万里陶芸が開発したWA・SA・BIシリーズのマグカップ。WA・SA・BIシリーズは、器を通じて日本独自のわびさびやおもてなしの心を伝えていきたいと考えて作られています。このマグカップは茶せんをイメージしたフォルムです。日本発売より先にニューヨークで先行発売されたモダンな商品です。カラーは光沢のあるシルバー、ゴールドを含めて5種類あります。ペアでギフトにしても素敵ですね!



URL:http://aritamade.com/ja/brand/wasabi/
facebook:https://www.facebook.com/aritamade/
instagram:https://www.instagram.com/arita.made/

5.わかさま陶芸

引用画像:カラーしのぎ モダンマグカップ(公式オンラインショップ)

「わかさま陶芸」は、陶芸家・若林健吾さんが手がける益子焼の窯元。益子焼の素朴な味わいを大切にしながら、現代の食卓にあう商品を作り出しています。

写真のマグカップは、職人の手で施された縦のラインがモダン。容量は250㏄のたっぷりめのサイズなので、スープカップにも使えます。カラーバリエーションが豊富なので、色違いで揃えても素敵です。また、希望すれば、名前を入れてくれるのでギフトにもいいですよ。

URL:https://wakasama-mashiko.com/

 

6.笠間焼・山王窯(さんのうがま)

笠間焼の窯元である山王窯・菊地弘さんが手がけるマグカップは、スタイリッシュでモダン。筆やスポンジで文様を彩色した彩泥瓷(さいでじ)という、オリジナル技法を使っています。
シンプルな色づかいと幾何学模様のマグカップは、飽きのこないデザイン。テーブルにあるだけで様になるマグカップは、1つは持っていたいですね!



URL:https://tougeika.exblog.jp/(ブログ)
twitter:https://twitter.com/sannougama
Instagram:https://www.instagram.com/hiro_kikuchi_sannougama/

7.丹波焼・悟窯(さとるがま)

悟窯は、丹波焼の陶芸家・市野哲次さんの窯元。今回紹介する商品は、エスニックのような素朴な味わいがありながら、現代アートのようなモダンな雰囲気もあります。ちょっと特別な1杯を味わえそうな個性的なカップです。
自分へのご褒美に作家もののマグカップはおすすめですよ!



URL:http://hyogo-arts.or.jp/hpntt/arts/ken/ken14-25.htm

 

8.Lian_mix(リアンミックス)南海通商


南海通商 マグカップ ブルー  Lian Mix(リアンミックス) 

リアンミックスは、キッチン雑貨を取り扱う「南海通商」が手がけるブランド。東洋(= 蓮の柄)と西洋(= 洋食器)がミックスされたシリーズです。マグカップに描かれているのは、蓮の花。ブランド名にある「Lian(リアン)」は中国語で「蓮」を意味します。花のデザインをシンプルにアレンジしたマグカップは、食洗機対応で普段づかいにぴったりです。

カラーは、ブルーとグレーの2色。同シリーズのプレートなどと、あわせてコーディネートすると素敵です。
URL:http://www.nankaitsusho.com/

9.一和堂工芸(いちわどうこうげい)

引用画像:公式ホームページ

一和堂は、創業90年余りの香川漆器の老舗。伝統的な商品だけでなく、デザイナーとのコラボレーションなど常に新しいものにチャレンジしています。

写真のマグカップは、白と他の色を組み合わせたモダンなシリーズ。漆器なので、保温性がありながら、持っても熱くならないのが特徴。また、軽くて持ち上げやすく、お手入れもしやすいです。色は、黒、青、赤、オレンジ、ピンク、紫、緑、黄緑、からし、小豆の10色。ご家族分バラで揃えば、食卓がカラフルになりますね!

URL:http://ichiwadou.net/html/

 

10.常滑焼・塚本友太(つかもとゆうた)

愛知県常滑で作陶する塚本友太さんのマグカップ。色はホワイトとブラックの2色。色違いをセットそろえてギフトにするのもおすすめです。
ホワイトの商品は、縁のブラウンがアクセントになっています。シンプルなのでどんな飲物でも使えます。取手の位置が上の方なので持ちやすいですよ! 塚本さんの商品はカップ&ソーサー、プレートなど色々あります。他のアイテムと合わせて使えば、モノトーンのおしゃれなコーディネートが楽しめます。



facebook:https://www.facebook.com/pajero.boro
Instagram:https://www.instagram.com/pajero.boro/

モダンなマグカップは、スタイリッシュでありながら実用的。リーズナブルなものが多いので、いくつかそろえて、その日の気分で変えて使うのも楽しいですね。
1日の始まりをお気に入りのマグカップでスタートしてみませんか?

Chiaki(粟村千晶)

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザー
一般社団法人テーブルウェアスタイリスト連合会認定プロフェッショナルテーブルウェアスタイリスト・食空間コーディネーター3級・整理収納アドバイザー1級。
このコラムでは、テーブルコーディネートの専門知識や現場でのコーディネート経験をいいかして、おすすめのうつわ紹介から食器収納のアイデアまで幅広い情報を発信していきます。

Instagram:awamurac
Blog:https://tablestyling.amebaownd.com/

 

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns