用途別

父の日に贈りたい!ビール好きなお父さんへ、ビアマグ(ビールカップ)10選

June 04, 2019
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

ビール好きなお父さんに贈りたい!モダンでこだわりのビアマグ(ビールカップ)

6月16日(日)は父の日です!

家族の為にお仕事を頑張ってくれているお父さんの為に感謝の気持ちを込めたギフトを選んでみませんか?

今回テーブルライフではビール好きなお父さんにきっと喜ばれるギフトを用意しました!どの作品もこだわりを持って作られたものばかり。今年の父の日はこだわりあるビアマグ(ビーフカップ)をプレゼントしてみませんか?

 

引用画像:https://hanairo-life.com/


1.文山窯/ceramic mimic fabric/有田焼

有田焼400年の歴史を超えて誕生した「布の真似をした磁器」という意味の「ceramic mimic fabric」という文山窯のブランドです。

極上の亜麻(リネン)にほおずりしたような、心地よさ。洗い込んだリネンを風になびかせた時のあの風合いを器に写しとられています。

ビアマグの縁の部分はプラチナ、ゴールド、プレーンの3種類です。独特の肌質でキンと冷えたビールやワインのひんやり感がいつまでも持続します。

どのビアマグ(ビールカップ)も薄く、口当りが良いのでこれでビールのお味が更に美味しくなること間違いなしです!

材質:陶磁器
商品名:ceramic mimic fabric
生産地:佐賀県
サイズ:Φ7.5 X H9.5
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):7,560円(ゴールド、プラチナ)、6,480円(プレーン)

2.伊万里陶芸/WA・SA・BI 和茶美/有田焼

茶道で使う茶筅(ちゃせん)をイメージした美しいフォルム「WA・SA・BI 和茶美」という伊万里陶芸のブランドです。上品でモダンなデザインはNYでも先行発売され、いよいよ日本でも発売開始となりました!

こちらは縁の部分がゴールドで彩られており、白磁とゴールドがお互いを引き立ててくれています。

白磁のみのシンプルなデザインもあります。和洋のどちらのシーンでも使えるビアマグ(ビールカップ)、他にはない素敵なデザインにお父さんも喜んでくれそうですね!

材質:陶磁器
商品名:WA・SA・BI 和茶美
生産地:佐賀県
サイズ:Φ7.5 X H9.5
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):7,560円(白)、19,440円(ゴールド)

 

3.金照堂/麟・Linシリーズ/有田焼

モダンで妖艶な質感と色彩の「麟・Linシリーズ」です。

見る角度によって色味が変わりパールの光が美しい色を発し、非日常の空間と癒しをもたらします。目線で変わる光と影のコントラストはメタリックなデザインで磁器とは思えないほどの雰囲気です。

よく冷えたビールを注ぐと釉薬の色合いで更に美味しさを引き立ててくれそうですね。

サイズは2種類、約8cmの3色。

約7cmの6色のサイズが揃っています。毎年色違いを贈るのも喜ばれそうですね!

材質:陶磁器
商品名:麟・Linシリーズ
生産地:佐賀県 
サイズ:φ78mm × 高さ16mm
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可 価格(税込):5,400円(大)、3,024円(小)

4.原田窯/原田省平

ロボットなど独創的な想像力でデザインされた作品が多い原田省平さんのビアマグ(ビールカップ)です。こちらのデザインはホライゾン(地平線)のような繊細な模様が入ったシリーズになります。

飽きのこないモダンなビアマグ(ビールカップ)は普段使いにぴったり。毎日晩酌するお父さんにぜひ贈りたいですね!

 

材質:陶器
商品名:ホライゾン
生産地:愛知県蟹江町
サイズ:Φ8 X H13cm
電子機器:電子レンジ 使用可・食洗機 使用不可
価格(税込):3,456円(左)、3,240円(右)

5.木村年克/銀化鉄釉

こちらはオリジナルの釉薬、銀化鉄釉を使って焼き上げたビアマグ(ビールカップ)です。陶器ですが打ち出しの錫製品のような質感、銀を焼き付けるのではなくオリジナルの技法で銀化されています。他にはないこだわりを持って作られたビアマグ(ビールカップ)、カッコいいモダンな雰囲気できっとお父さんも喜んでくれること間違いなしですね!

材質:陶器
商品名:銀化鉄釉
生産地:滋賀県
サイズ:size :Φ6 X H10重さ140g 内容量120ml(8分目まで)cm
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):3,240円(Mサイズ)、4,230円(Lサイズ)

6.乙鷲堂 /千刻(きざみ)信楽焼

モダンで大人の雰囲気がかっこいいビアマグ(ビールカップ)です。千刻(きざみ)というシリーズになります。お色は白、赤、黒の3色。お父さんへの贈り物は是非スタイリッシュ和モダンな黒を選びたいですね。

信楽焼の特徴である肉厚な仕上がりで黒の表面は荒目になっています。

こちらの白はなめらかな表面に、更に手に馴染みやすい仕上がりになっています。どれを選んでもシンプルでモダンなビアマグ(ビールカップ)、喜んでくれること間違いなしです!

 

材質:陶器
商品名:千刻(きざみ)
生産地:滋賀県
サイズ:size :φ8.1 × H14.2cm
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):4,428円(黒)、5,832円(白)

7.乙鷲堂 /ドットシリーズ/信楽焼

乙鷲堂のシンプルなのに温かみのあるデザイン。先程のスタイリッシュな千刻(きざみ)とはまた違い、気軽に日常使いできそうなビアマグ(ビールカップ)です。

サイズは手に馴染みやすい小さなサイズ、たっぷりビールを注げるサイズの2種類です。小さなサイズの場合は2個購入してお母さんと一緒に晩酌してもらうのもいいですね。

材質:陶器
商品名:ドットシリーズ
生産地:滋賀県
サイズ:φ8.4 × 12.3cm 
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):4,428円(L)、3,456円(M)

8.悟窯 /曲線/丹波焼

悟窯の持ちやすい形に設計されたビアマグ(ビールカップ)。おしゃれなだけでなくとても実用的。かわいらしいデザインながらも、モダンで落ち着いたデザインなので誰でも使いやすいです。

デザインは縦ストライプ、斜めストライプ、曲線の3種類。デザイン違いで揃えて家族で仲良く晩酌するのもいいですね。陶器の温かみが手にとってわかるのもいいですね。

材質:陶器
商品名:曲線、縦ストライプ
生産地:兵庫県丹波篠山市
サイズ:共にΦ7.5cm H12.5cm
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):各4,320円

9.山口 由次

空に煌めく星たちを器の中取り入れた山口由次さんの「星屑シリーズ」です。朝の星皿をイメージして白の土で作陶しています。そこに金彩、プラチナ彩を筆で1点づつ装飾した、こだわりを感じさせるデザインです。

スタイリッシュなデザインでこだわりのあるお父さんに贈りたいですね。

夜空をイメージして白い土に鉄分を添加して黒い土を作って焼成。白地より黒地のほうが焼き締まるため若干大きくなっており、手作りの為とき時のムラもわずかに出るそうです。白、黒を合わせてお母さんと一緒に晩酌してもらうのもいいですね。

材質:陶器
商品名:星屑シリーズ
生産地:愛知県名古屋市
サイズ:共にΦ7cm×H10.2cm(小)、φ7cm×11.5cm
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):3,300円(小)、3,500円(大)

10.俊彦窯/泥彩/丹波焼

日本六古窯の1つ、丹波焼(丹波立杭焼)。丹波の土にこだわり、ナイフで一点一点仕上げた「泥彩」という技法を用いながら、現代の食卓に合わせたモダンな器を夫婦で作っています。

ほっこりとした落ち着いたベージュのお色です。手にもしっくりと馴染み口当りのいい良いビアマグ(ビールカップ)です。

サイズは2種類、内側は白と黒の2種類です。

内側が黒のタイプはまた白と違いモダンな雰囲気です。

材質:陶器
商品名:泥彩
生産地:兵庫県丹波篠山市
サイズ:Φ7.5 X H9.5cm(小)、Φ8.0 X H11.0cm(大)
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):内側白、黒各2,376円(小)、3,024円(大)

11.知床窯/益子焼

知床窯独自の原料を用いた「黒粉引」。最も人気のあるシリーズです。まるで石のようなガッチリとした雰囲気はビールを注ぐと絵になること間違いなしです。

土肌の作用で泡がキメ細かくクリーミーになり、ビールの口当たり、のどごしが格段に良くなるのでビール好きなお父さんにピッタリなビアマグ(ビールカップ)です!日々の晩酌が少し贅沢になりそうですね。

材質:陶器
商品名:黒粉引き
生産地:栃木県芳賀郡益子町
サイズ:φ8.0×H11.2cm
電子機器:電子レンジ・食洗機 ともに使用不可
価格(税込):5,076円


ビアマグ(ビールカップ)特集はいかがでしたか?父の日プレゼント人気ランキングではいつも上位に入るビアマグ(ビールカップ)。これからの暑いビールの季節には欠かせません!

いつも贈り物がワンパターンになって何を贈りたいか悩んでしまうなんて方は、少し贅沢ななビアマグ(ビールカップ)を選んでくださいね!

テーブルコーディネーター・MIKA(愛知県名古屋市在住・中部支部担当)

夫の転勤で海外在住中、体調を崩し食生活の大切に気づきマクロビオテック経てRaw foodにたどり着く。
Raw foodを取り入れ劇的な体の変化を体感し、横浜の自宅サロンにてMika’s raw food recipeをスタート。
2016年には抗加齢学会(アンチエイジング学会)の抗加齢指導士の資格を取得。外見だけでなく内側から健康で美を目的とするレシピを考案し関東、東海地区でレッスンとイベントで活動中。
テーブルコーディネートでは食空間プロデューサーの山本侑貴子先生を師事、Dining&Style認定講師としてシニアインストラクター取得。

2017年東京ドームテーブルウェア・フェスティバル入賞

HP:https://www.mikarawfood.com/

Instagram
キャッシュ使用
Latest Columns