メンテナンス

捨てるなんてもったいない!意外と知らない食器のリサイクル方法5選

February 24, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

捨てるなんてもったいない!意外と知らない食器のリサイクル方法5選

セールで買ったものの使っていない、 一度も箱を開けていない引き出物の食器がある。使わない食器をただ捨ててしまうのはもったいない。そんな方に、不要になった食器をリサイクルする方法を5つ紹介します。


1.フリマアプリで販売する

テレビCMでおなじみのメルカリやフリルなどのフリーマーケットアプリに出品する方法があります。出品方法はとても簡単!慣れてしまえば、1品5~10分で出品できますよ。メルカリの利用者は20~30代の女性が多いため、ターゲットにあったウェッジウッドなどの有名ブランドで状態のいいものであれば数分から数日で売れますよ。私も15品ほど売りました。

【メルカリガイド】https://www.mercari.com/jp/help_center/

出品のポイント:自分の経験から、出品のポイントをお伝えします。

色々な角度で写真を撮影しましょう
メルカリの場合、4枚まで写真を掲載できます。メルカリは出品数が多く、写真でクリックしてもらえるかがポイントなので、1枚目はきれいに撮りましょう。背景にシンプルなテーブルクロスを敷くなど商品をよく見せる工夫しましょう。また、食器の表面だけでなく、裏面や傷の部分を載せることでトラブルを防ぎます。
波佐見焼のプレートはセットで出品しました。人気のデザインなので10分以内で買い手がつきましたよ!

②タイトルを工夫しましょう
新品未使用」「限定品」などアピールポイントをタイトルに入れると効果的です。
リチャードジノリのプレートは今では販売されていないため、タイトルに「とってもレア!」と入れてみました。

③説明文は丁寧に
商品の説明文は、サイズ、箱などの付属品の有無、またはこんな風に使えるなど使い方の提案なども書いておくと丁寧です。

④送料を考えて値段をつける
メルカリの場合、送料を出品者が負担する方が売れやすく、送料込みで値段をつけることが多いです。食器の場合、厳重に包装して送るため、サイズが大きくなり送料が高くなりがちなので、送料を高めに見積もって値段をつけましょう。安くつけすぎると送料の方が高くなって赤字になってしまいます。

取引後は、お互いを評価し、その評価結果が公開されます。メルカリは、見ず知らずの方とのメッセージのみのやりとりなので、最後まで気持ちよく取引するよう心がけましょう。


2.オークションに出品する

ヤフオクなどのオークションサイトに出品する方法がありますが、業者の出品も多く、一般的な食器よりブランド品やアンティークものの需要が高いようです。
私も作家ものの小皿(あまり高価なものではありません)を出品したことがありますが、結局買い手がつきませんでした。ただ、自分の出品したものがいくらで落札されるのか、入札期限までわからないという楽しみがあります。

【ヤフオク出品ガイド】https://auctions.yahoo.co.jp/guide/guide/sell01.html

3.リサイクル業者に買取り依頼する

リサイクルショップなどに持ち込む、もしくは配送して買取金額を振り込んでもらう方法があります。やり方は極めてシンプル!申し込むと、段ボールなどの送付グッズが届くので品物を詰めて送るだけ。その際、運転免許証などの本人確認書類のコピーが必要です。事前に買取金額を見積ってもらい、納得感のある業者を選びましょう。
私は、メルカリで買い手がつかなかったノーブランド食器とフランスのブランド「ジアン」のプレートの買取を食器専門業者にお願いしたことがあります。買取金額は低かったですが、ノーブランドの食器を引き取る業者さんが限られていたのでお願いしました。
食器買取業者の例:ブランディアhttps://brandear.jp/ct/accessories/shokki


4.バザーやフリーマーケットに出品する

地元のフリーペーパーや市区町村のホームページなどでバザーやフリーマーケットの開催情報をチェックしましょう。品物を会場まで運ぶ、値札をつけるなど、自分でやらなくてはいけないことが多いですが、お客様とのコミュニケーションを楽しみたい人にはおすすめです。主催団体によって出展料が異なるので確認しましょう。
【フリーマーケット開催情報】
フリマガイドhttps://fmfm.jp/?area_id=&pref_id=0

5.寄付する

リサイクル団体や海外支援団体などで食器の寄付を受け付けていることがあります。その他、災害などの支援品として寄付を募る場合もあります。品物の送料は自己負担で利益はありませんが、何かの役に立てるのであればいいですよね。ちなみに寄付品は原則新品です。状態の良いものを送りましょう。

食器の寄付を受け付けてくれる団体

○WE21ジャパン http://www.we21japan.org/
途上国の支援をしている団体で、運営しているショップで寄付品を販売して、売上を支援に当てています。寄付品を送ると活動報告を郵送してくれるので、自分が寄付したものの使い道がはっきりしているので安心できます。

○ワールドギフト http://world–gift.com/sutekata/shokki-1.html
家庭から集荷した不要品を再利用し途上国支援をしている団体です。これまでの寄付国は54か国。再利用で得た収益は日本赤十字社など6つの団体へ募金で支援しているのも信頼できます。

○セカンドライフ https://www.ehaiki.jp/second/tableware/tableware_kihu.html
家庭で不要になった物資を集荷し国内外でリユースしている団体。特徴的なのは、集荷した箱数に応じてユニセフを通じてワクチン募金をしていること。つまり、食器などを寄付することが募金活動にもなっているのです!

寄付を受け付けている団体は色々あるので、調べてみてはいかがでしょう?



いかがでしたか?食器のリサイクルには様々な方法があるのです。ご家庭で不要になった食器を捨てる以外の処分方法を考えてみてはいかがでしょう?

[取材・編集 テーブルライフ編集部 Chiaki]

Chiaki(粟村千晶)
テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザー
一般社団法人テーブルウェアスタイリスト連合会認定プロフェッショナルテーブルウェアスタイリスト・食空間コーディネーター3級・整理収納アドバイザー1級。
このコラムでは、テーブルコーディネートの専門知識や現場でのコーディネート経験をいいかして、おすすめのうつわ紹介から食器収納のアイデアまで幅広い情報を発信していきます。
Instagram:awamurac
Blog:https://tablestyling.amebaownd.com/