食器のノウハウ

買うよりお得?食器レンタルのすすめ

May 10, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

モノは増やしたくないけど、イベントを楽しみたい!そんな方には食器レンタルがおすすめ

今回は、食器のレンタルサービスについて。食器のレンタルは、会社の設立パーティなど、大規模なイベントで使うイメージがあります。しかし、調べてみると個人にも利用しやすい魅力的なサービスが色々あるのです。今回は、食器レンタルの仕組みやメリット共に様々なサービスをご紹介します。

食器レンタルのメリット

では、食器をレンタルするのにはどのような利点があるのでしょうか。

〇低料金で高品質の演出ができる
和食器、ブランド物の洋食器、漆器、グラス類など幅広いジャンルの品物がリーズナブルにレンタルできます。色々な食器を試しに使ってみたい方におすすめです。

〇常に新しいお皿を提供できる
いつも同じ器では、どんなお料理でも新鮮さがなくなります。業者によっては、シーズンごとに食器を取り換えるサービスなどもあり、来客の多いお宅や飲食店では、常連の御客様を飽きさせない演出ができます。また、様々な器を揃えるには、コストがかかります。長く借りれば借りる程、お得な金額を設定 になっていることが多いです。

〇スペースの確保ができる
器の在庫を持つにはスペースが必要。使用頻度の低い食器にスペースを取られることはありません。

これらのようにコストを抑えて、いつも新鮮なしつらえでおもてなしができるのが食器レンタルの良いところですね。

一般的な食器レンタル利用の流れ

食器のレンタルサービスは、イベントでスポット的に利用するケースが多いため短期間でで利用するのが一般的です。その利用手順は以下のとおりです。

①商品を選ぶ ⇒ (②見積り*しない場合も有)⇒ ③メール・FAX等で注文
④支払 ⇒ ⑤受取(店頭もしくは宅急便) ⇒ ⑥使用 ⇒ ⑦返却(洗浄要・不要)

*レンタル期間は2泊3日が一般的(使用前日に受取、翌日に返却というパターン)ですが、業者によっては月契約、年間契約できることもあります。

1.パーティや会議に便利! 幹事さんの味方〜食器レンタル専門店

食器レンタルの専門店は、大人数のパーティーや会議など業務用に使用されることが多いようです。食器以外にもテーブルなども合わせてレンタルできることもあるので、必要なものを1度に揃えることができる便利なサービス。また、1つからレンタルでき、個人が利用できる業者もあるので、1人暮らしの方や物を増やしたくない方は利用を検討してみてはいかがでしょう。

↑ パーティで使う食器類はかさばるものが多いのでレンタル向き

引用画像:ナガヨレンタルHP

【主な食器レンタル会社】

ナガヨレンタル  http://nagayo.co.jp/
創業以来50年にわたり、食器レンタルのパイオニアとして、数多くのホテル・レストラン・ケータリング会社を顧客としています。タンブラー・取皿・フォークなど数量を必要とする商品アイテムは、30,000名クラスのパーティー受注を可能にし、洋食・和食・中華 それぞれの料理をより一層豪華に演出するオリジナル食器、VIP用高級食器の取り扱いもあり、個人利用も可能です。また、Yahooや楽天市場で購入することも可能です。

OKS RENTAL http://www.oks-rental.co.jp/
食器だけでなく、テーブルクロスや調理器具のレンタルを行っています。要望に応じて、パーティ会場やイベント会場の設営、看板の作成も行っています。

モダン装美 http://modansoubi.jp/rental/
食器の他、イベントに使用する家具や家電などのレンタルを行い、要望があれば照明や音響の調整も行います。

2.イギリスの名窯 エンズレイのティーセットで優雅なティータイムを~ブランド食器レンタル

引用画像:エンズレイ公式オンラインショップ

Aynsley(エンズレイ)とは‥
1775年スタッフォードシャーの炭坑経営者だったジョン・エインズレイによって設立。工程のひとつひとつが最高の技術を持った職人によって丹念に時間をかけた手作りで行われています。 高い技術と伝統を守るスタイルはヴィクトリア女王にも大変高い評価を受け、王室にならった貴族たちからの注文が殺到して、生産が間に合わないほどであったと言われています。ダイアナ元妃の成婚時にもエインズレイの陶花が選ばれています。

無料で一流ブランドがレンタルできます!
エンズレイでは、紅茶教室などのサロンで使用できるよう、食器のレンタルを行っています。7シリーズのティーカップ&ソーサー、29 種類の陶花の中から選ぶことができ、無料でレンタルすることができます。教室をされている方は、レンタルを検討してみてはいかがでしょう。上質な食器を使うことでレッスンも盛り上がるのでは?

詳細はエンズレイ公式HP:http://www.aynsley.co.jp/catalog/rental/index.html

3.いつもと違う食器を使いたい!〜ホームパーティ食器レンタル

1で紹介した食器レンタル会社で、ホームパーティ用の食器レンタルをする方法が選択肢も多く、一般的ですが、ホームパーティ専用のレンタルサービスをしている会社もあるのでご紹介します。

【ホームパーティ用食器レンタルショップ】

summer(サマー) http://summertokyo.com/?page_id=10
日本全国から買い付けた陶器のオンラインショップを運営する一方、メニューに応じた和食器を中心に洋食器やグラス、花器などのレンタルサービスも行っています。また、料理とのコーディネートなども相談できます。

4.一生に一度だからこそ賢くレンタル~お食い初め食器レンタル

なるべく伝統的なお食い初めをしたいけど、一生に一度しか使わないお食い初めの食器は置き場に困る、という場合はレンタルを賢く利用してみてはいかがでしょう。レンタルにすれば、保管方法に悩むこともなく、リーズナブルに済ませることができます。器のみのレンタルだけでなく、食材がついているものもあり便利です。

引用画像:季膳味和 楽天市場

【お食い初め食器レンタルを行うショップ】

季膳味和 https://item.rakuten.co.jp/tokizenmiwa/okui_okasi_8800/

漆器 よし彦 http://www.urusi.com/ok-re.html

ダスキンレントオール かしてネッと https://www.kasite.net/baby/

5.使い捨てはもったいない! 地球にやさしいリユース食器レンタル

リユース食器とは‥
お祭りやコンサート、スポーツ観戦といったイベント会場では、使い捨て容器の利用が主流となっています。リユース食器は、使い捨て容器に替えて導入する、繰り返し洗って再使用(リユース)する食器の総称です。

環境へのメリット
リユース食器を使用することで、使い捨て容器のごみが削減できることはもちろん、繰り返し使用すればするほど二酸化炭素排出量、エネルギー、水などの使用量を削減することにつながります。リユースカップの使用回数による環境負荷の低減効果は、固形廃棄物は4.7回以上、二酸化炭素排出量は2.7回以上、水消費量も2.7回以上、エネルギー消費量は6.3回以上再利用すると紙コップよりも環境負荷が低減されるという結果が出ています。

引用画像:リユース食器の一例(リユース食器ネットワークHP)

【リユース食器レンタル業者】
レンタルの方法はシンプルで「借りる→使う→返す」だけ!使用した食器を洗う必要はなくイベント運営の手間も省けます。また、イベントにコーディネーターを派遣するサービ
スなどもあり、初めてリユース食器を導入する際には心強いです。

ふうねっと http://www.fuunet.org/index.html

ワーカーズコレクレィブ風車 http://reuse-fuusha.net/

6.たまにはBBQを楽しみたい方に~アウトドア食器レンタル

アウトドアの食器レンタル業者は多くはありませんが、アウトドア用品はかさばるものが多いので、たまにしか使わないのであれば、このようなサービスを利用するのはいいですね!あわせてバーベキューセットやテーブルなども借りることができるのも魅力ですね。

引用画像:アウトドア用のレンタル食器の一例(ワールドディスプレイカタログより)

【アウトドア用食器を扱うレンタルショップ】

ダーリング https://www.darling.co.jp/outdoor-rentals/camping-dish-utensil-rentals
山形県新庄市にある総合レンタルショップ。食器以外にもドレスや旅行用品など様々な商品のレンタルを行っています。コールマンやモンベルなどのアウトドア用品(バーベキューセット、テントなど)レンタルも行っているので食器と合わせてレンタルすれば、キャンプ等アウトドアイベントを気楽に楽しむことができます。

ワールドディスプレイ http://www.world-display.co.jp/
全国各地の営業所にある20,000点を超えるアイテムは、種類のみならずカラーバリエーションも豊富です。アウトドア食器だけでなく用品の取り扱いもあります。

7.物は増やさず素敵な写真を撮りたい~撮影用食器レンタル

スタイリスト、フードコーディネーター、カメラマン、など主にプロの撮影関係の人向けにコマーシャルや雑誌などの料理、インテリア等の撮影用小道具をレンタルするサービス。商品のイメージに合った小物が欲しいけど、撮影のたびに物が増えるのは困りますよね。そんな方には商品バリエーションの豊富なレンタルがおすすめです。但し、名刺持参が取引条件など、一般向けにはレンタルしていないこともありますので、利用条件をよく確認しましょう。

【撮影用食器レンタル業者】

CIPPOLA(チポーラ) http://cipolla.co.jp/
世界中から沢山の食器、テーブルクロス、食器周りの小道具が集まった店舗では、ワンフロアで全ての商品を手に取ることができ、専用のテーブルでゆっくりとスタイリングができます。

キチネット・オンザテーブル・花風舎 https://www.onthetable.co.jp/
調理器具をはじめとしたキッチン用品やリネン類を扱う「キチネット」、洋食器・グラス類・カラトリー・シルバー製品の「オンザテーブル」、和食器・中華食器・オリエンタル・和小物が揃う「花風舎」各店3フロアからなる店舗では、9000アイテムを実際に手に取り、コーディネートしながら商品を選ぶことができます。

使ってみました! 私の食器レンタル体験

私は食器のレンタルは利用したことはないのですが、テーブルコーディネートの展示会のためにテーブルスカートをレンタルしました。テーブルスカートとは、テーブルの脚を隠すための専用クロスで、普段の暮らしでは使わないですし、収納にかさばるのでレンタルしてみました。見積りから注文まで、手続きは全てメールで完結。品物は前日に届き、クリーニング不要で使用日翌日に取りに来てもらえるのでとってもお手軽でした!
【利用した業者】イベント21 http://event21.co.jp/

いかがでしたか?お食い初めなど特定の行事にだけ使う、パーティーで一時的にたくさんの食器が必要になった場合など、シチュエーションによって食器レンタルを利用するのは賢い選択かもしれませんね。本当に必要なお気に入りだけに囲まれた、シンプルで合理的なライフスタイルが理想な人にはおすすめのサービスです。ぜひ検討してみてはいかがでしょう。

[取材・編集 テーブルライフ編集部 Chiaki]

Chiaki(粟村千晶)
テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザー
一般社団法人テーブルウェアスタイリスト連合会認定プロフェッショナルテーブルウェアスタイリスト・食空間コーディネーター3級・整理収納アドバイザー1級。
このコラムでは、テーブルコーディネートの専門知識や現場でのコーディネート経験をいいかして、おすすめのうつわ紹介から食器収納のアイデアまで幅広い情報を発信していきます。
Instagram:awamurac
Blog:https://tablestyling.amebaownd.com/

 

 

Latest Columns