和食器

和食器初心者に贈りたい、オシャレな和食器特集。

October 29, 2018
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

和食器初心者に贈りたい、オシャレな和食器

この数年オシャレな小石原焼や波佐見焼が人気となり、和食器ブームと共にうつわ女子が増えてきました。

実際プレゼントするブランドはどれがいいか? サイズは? など、テーブルコーディネーターの立場からよく質問をうける事が多いです。

今回はプレゼントされると喜ばれる和食器をご紹介します。

引用画像:https://anny.gift/products/463/

初心者でも取り入れやすいデザインは?

和食器といえば伝統的な古伊万里柄や、縁起のいい昔ながらの絵付模様など思い浮かべることが多いのではないでしょうか。

最近では北欧風の絵付模様や、単色で見た感じ和食器にみえない作品も多くあります。しかしよく見ると、伝統的な釉薬を使い、日本古来の縁起柄が上手く取り込まれています。初心者へのプレゼントには、まずシンプルで可愛いらしいデザインがオススメ。ひとつずつブランドをみてみましょう。




1.キハラ/有田焼

有田焼のなかで、和モダンのデザインが多くそろう窯元「キハラ」。こちらはSNSで話題となった、KOMONシリーズの豆皿です。豆皿はいくつあっても嬉しいお皿のひとつです。

とくにセットの場合は、模様が1つずつ異なり、パーティーなどで使えるので大変喜ばれますよ。

参考価格:3,240円

2.アリタポーセリンラボ/有田焼

有田焼のラグジュアリーブランド「アリタポーセリンラボ」。日本だけでなく海外からも人気で、洗練された和モダンなデザインといばこの窯元です。

こちらのコニックシリーズは、4つの異なるサイズを重ねて使う、お重スタイルになっています。バラして使う時は小鉢や、平皿にも使えます。こだわりのある方へプレゼントしたいですね。

引用画像:https://aritaware.com/collections/conic/products/cf06

参考価格:10,800円

3.小田陶器株式会社/美濃焼

白磁の器を中心に作り続けて、100年の歴史を持つ「小田陶器」。美濃焼のブランドとして、和モダンなデザインを多く手掛けています。

この櫛目の線を、よくみてください。繊細な線に釉薬がよく馴染むことで、描いた線とはまた違う味をかもしだしています。こちらの緑のお皿は、「新緑」がテーマのコーディネートにピッタリです。

引用画像:https://oda-pottery.co.jp

参考価格:リム付き 2,160円、受皿 2,160円

4.たち吉

京都のうつわブランドといえば、すぐ思い起こされるのが「たち吉」。陶器、磁器、ガラス器、漆器など、日本各地の産地で作った、選りすぐりの和食器がそろっています。

たち吉の定番商品は、モダンなデザインが多く、使いやすいデザインが多くあります。こちらの「白菊」のお皿は、人気定番シリーズで、滑らかなフォルムがお料理を引き立ててくれます。

引用画像:https://tachikichi.jp/contents/web/top/feature/2018aw_new/

参考価格:大 10,800円、中 7,560円 小 5,400円

5.深山食器/美濃焼

美濃焼の人気ブランドのひとつである「深山食器」。白磁中心のデザインが多く、洗練された和モダンが特徴的です。

こちらのisolaパレットシリーズは、他にはないユニークなデザインです。写真のように、朝ごはんの盛り付けに使えば朝からスタイリッシュ。ワインのある食卓には、仕切りがあるのでフィンガーフードを。箸置き部分には、細長いグリッシーニを置くと楽しい感じになりますね。

引用画像:https://www.miyama-web.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=827

参考価格:1,890円

6.白山陶器/波佐見焼

モダンなデザイン、波佐見焼のブームをけん引する「白山陶器」。

こちらは陶磁器デザイナー、森正洋デザインのお茶碗です。大ぶりで浅めになっており、持ちやすく、手に馴染むような作りになっています。毎日使う物だからこそ使いやすものを選びたいですね。

 

参考価格:3,240円

7.西山/波佐見焼


北欧風のセンスを、うまく波佐見焼にいかす「西山」。現代風なデザイン要素を取り入れて、若い世代人気です。

こちらのミニトレイセットは、直径15cmほどで、パーティーなどのときに取り皿として大活躍してくれること間違いなし! 色違いでテーブルに置くと、可愛らしさがさらに引き立ちます。パーティー好きの方にプレゼントしたいですね。

参考価格:2,813円

8.作山窯/美濃焼

うつわの美しさにこだわる、美濃焼のブランド「作山窯」。柔らかい色合いの釉薬は、作山窯らしさの特徴です。

他にも青系はインディコ、ターコイズ、マリンがあり、ほかにはグレー、クリーム、イエローなどのカラーもあります。

色合いだけでなく、機能性も重視しているデザインが多いので、こだわりのある方にプレゼントすると喜ばれそうです。


参考価格:1,944円

9.瑞々/美濃焼

美濃焼のふたつのブランド「小田陶器」と「深山食器」がコラボし、デザイナーである小野里奈さんと共に制作されました。どっしりとした雰囲気ですが、可愛らしいデザインです。

引用画像:「瑞々」の「木瓜鉢」

参考価格:2,000円

10. ノリタケ

日本を代表する陶磁器メーカー「ノリタケ」。洋食器だけでなく、和の作品も洗練されたデザインが多くあります。

こちらの「楓の舞」シリーズは、ひとつずつ楓の位置や色合いが異なり、赤、黄、緑、茶、黒が幾度となく重ねられています。シリーズが同じなら全部同じ柄の、洋食器との違いがはっきり表れています。料理とともにうつわを愛でる、日本の食文化ならではのシリーズです。

引用画像:https://tableware.noritake.co.jp/fs/tableware/c/1693/

参考価格:64,800円




和食器初心者に贈りたい、オシャレな食器特集はいかがでしたか?どの製品も素敵なデザインばかり。好みに合わせてセレクトすると、きっと喜んでもらえそうですね。

 

IMG_5312-2テーブルコーディネーター・MIKA(愛知県名古屋市在住・中部支部担当)

夫の転勤で海外在住中、体調を崩し食生活の大切に気づきマクロビオテック経てRaw foodにたどり着く。
 Raw foodを取り入れ劇的な体の変化を体感し、横浜の自宅サロンにてMika’s raw food recipeをスタート。
 2016年には抗加齢学会(アンチエイジング学会)の抗加齢指導士の資格を取得。外見だけでなく内側から健康で美を目的とするレシピを考案し関東、東海地区でレッスンとイベントで活動中。
 テーブルコーディネートでは食空間プロデューサーの山本侑貴子先生を師事、Dining&Style認定講師としてシニアインストラクター取得。

2017年東京ドームテーブルウェア・フェスティバル入賞

HP:https://www.mikarawfood.com/
Instagram
キャッシュ使用