うつわ散歩

やちむんが東京で買えるお店15選 ~ 東京で沖縄のうつわを手に入れよう!

October 13, 2020
ユーザー登録するとコラムのブックマーク機能が使えます!

やっぱり手に取って選びたい! やちむんが東京で買えるお店15選

今回紹介するのは、東京でやちむんを購入できるショップ。やちむんとは、沖縄のうつわ。勢いのある筆使いで描かれた、素朴で厚みのある日常使いのうつわです。

植物をモチーフにしたものやドットなどモダンな柄が多く、和洋中様々なメニューに使えます。やちむん独特のデザインや色使いは沖縄の自然豊かな風土を感じさせます。

この記事では、やちむんの品そろえが充実しているお店をセレクトしています。実際に見て、触れてお気に入りの「やちむん」を手に入れませんか?

【こんな記事もおすすめ!】通販で買えるやちむん おすすめ陶磁器作家窯元15選

1.銀座わしたショップ本店・銀座一丁目

銀座にある沖縄県のアンテナショップ。入口に黄色いシーサーがあるのが目印です。

店内には、食品を中心に沖縄の名産がたくさん! 地下は工芸品やかりゆしウェアなどのコーなーで、やちむんも販売。育陶苑などのうつわが並んでいます。同じ売り場の琉球ガラスなどと一緒にコーディネートするのもおすすめです。

1階奥にはカフェコーナーもあり、ちょっとした沖縄気分が味わえます。

【店名】銀座わしたショップ本店
【住所】東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル1F・B1F
【TEL】03-3535-6991
【営業時間】10:30~20:00(パーラー10:30~19:30 ラストオーダー19:00)
【定休日】なし
【アクセス】
 JR「有楽町」駅京橋口改札を出て徒歩4分
 東京メトロ有楽町線 銀座1丁目」駅3番出口の階段を上がってすぐ
 東京メトロ銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座」駅より徒歩7分
【URL】https://www.washita.co.jp/info/shop/ginza/

 

2.諸国民芸 たくみ ・新橋

国内外の地域に根差したすぐれた工芸品を集めたお店。銀座から少し離れた場所にある落ち着いた店内で、じっくりとうつわ選びができます。やちむんでは、北窯の商品が時々店頭に並びます。厚みがある素朴なうつわは、ふだん使いにぴったり。テーブルマットに使えそうな布製品など、他の商品と組み合わせて買うのもおすすめです。

また、日本橋高島屋にも店舗があります。品そろえは少な目ですが、やちむんにも出会えますよ。

【店名】諸国民芸たくみ
【住所】東京都中央区銀座8-4-2
【TEL】03-3571-2017
【営業時間】11:00~19:00(日・祝日は11:00~17:30)
【定休日】日曜・祝日(7月9月の祝日は営業)
【アクセス】
 JR 「新橋」駅銀座方面出口より徒歩5分
 東京メトロ銀座線「新橋」駅5番出口より徒歩5分
 JR「有楽町」駅銀座方面出口より徒歩10分
 東京メトロ丸ノ内線「銀座」駅C2出口より徒歩8分
【URL】http://www.ginza-takumi.co.jp/
 https://www.instagram.com/ginza_takumi/

3.journal standard furniture・日本橋

引用画像:公式HP

時流を超えたファッションのようなインテリアを提案するライフスタイルショップ。今の時代にあったオリジナルのヴィンテージアイテムと国内外のブランドの商品をミックスしたコーディネートは、ショップに住みたくなってしまいそうな素敵さ。

そのショップの一角には「journal standard furtiture」の創立10周年に生まれたギフトショップ「JOURNAL STANDARD SQUARE(ジャーナルスタンダードスクエア)」の商品が並びます。どの商品も今の時代にしっくりとなじむ日本の手仕事品。

その中に、一翠窯(いっすいがま)のやちむんも販売されています。色鮮やかで、バリエーション豊富なモダンなデザインは、食卓を明るくします。角皿は盛り付けやすいので、ふだん使いにもおすすめです。

引用画像:公式facebook

【店名】journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)
【住所】東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋S.C.
【TEL】03-5542-1600
【営業時間】10:30~18:00
【定休日】不定休
【アクセス】
 JR「東京」駅八重洲北口から徒歩5分
 東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅直結
 都営地下鉄浅草線「日本橋」駅から徒歩4分
【URL】http://acme.co.jp/js-furniture/

3.青山伝統工芸スクエア ・青山一丁目

日本全国の伝統工芸品が集まるギャラリーショップ。食器類も幅広くそろっており、やちむんでは「壷屋焼」のマカイ(お碗)が販売されています。近くにはシーサーも陳列されているので、セットで欲しくなってしまいますね。 店内では、不定期でイベントも開催。オンラインショップもあり、見ているだけでお土産探し気分が味わえます。

【店名】青山伝統工芸スクエア
【住所】東京都港区赤坂8-1-22 1F 
【TEL】03-5785-1301
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】なし
【アクセス】
 東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目」駅から徒歩3分
【URL】https://kougeihin.jp/

 

4.GALLERIA(ガレリア)645・六本木

引用画像:公式facebook

ミッドタウンと首都高のはざまにある、築50年の古民家のうつわ屋さん。有田焼を筆頭に長崎県の作家ものを中心に扱っていますが、やちむんも豊富です。

引用画像:公式facebook

魚の文様が特徴の與 宏文さん、ブラウン系のあたたかみのある図柄の菅原謙さん、ドットなど可愛らしいデザインの「工房ことり」さん、鮮やかなトルコブルーが目をひく與那原正守さんなど、都内では手に入りにくい作家さんのものもあります。ちょっとした陶器市のような雰囲気を味わえるお店です。

【店名】GALLERIA(ガレリア
【住所】東京都港区六本木4-5-3  
【TEL】03-3403-0645
【営業時間】11:00~18:00 
【定休日】月・火曜日 
【アクセス】東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」駅から徒歩4分 
【URL】https://www.galleria645.com/
 https://www.facebook.com/galleria645/
 https://www.instagram.com/challenge/?next=/galleria645/

5.WISE WISE tools( ワイス・ワイス トゥールス)・六本木

引用画像:東京ミッドタウン公式HP

東京ミッドタウンにある、ライフスタイルショップ。作家もののうつわやアクセサリーなど、日々の生活をほんの少し豊かにしてくれる「暮らしの道具」がそろっています。

中央の小皿3枚が壹岐幸二さんのうつわ。

やちむんでは、壹岐幸二さんのうつわが販売されています。鮮やかなコバルトブルーで描かれた力強い筆使いのデザインが魅力です。モダンな図柄は盛り付ける料理を選びません。私も随分前に購入しましたが、豆皿を愛用しています。店内では不定期でうつわに関する企画展も開催されています。

【店名】WISE WISE tools(ワイス・ワイス トゥールス)
【住所】東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガーデンサイド ガレリア 3F
【TEL】03-5647-8355 
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】なし
【アクセス】
 都営大江戸線「六本木」駅よりB2F直結
 東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a番出口より徒歩4分
 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口より徒歩5分
【URL】https://wisewise.com/

 

6.ニライカナイ ・自由が丘

引用画像:公式HP

移住雑貨を扱うショップ「ニライカナイ」。移住雑貨とは、その土地に移住した気分が味わえる、地域色のある雑貨のことで、このショップ独自の言葉です。

雑誌で「自由が丘の沖縄」と紹介されたほど、やちむんが充実。ノモ陶器製造所の魚柄のうつわや陶眞窯の角皿、育陶苑のが販売されています。どれも手書きの柄が素敵で、素朴ながらモダン。現在のライフスタイルにもしっくりするものばかりです。

店名について
沖縄では、「ニライカナイ」という場所から神様がやってきて、豊穣をもたらしてくれるという信仰があるそうです。つまり、ニライカナイとは豊かさのもと。丁寧に作られた雑貨を生活に取り入れることで、豊かな暮らしが送れそうですね!

【店名】ニライカナイ
【住所】東京都目黒区自由が丘3-6-10
【TEL】0120-261-571
【営業時間】11:00~18:00 *混雑時入店制限有
【定休日】火曜日
【アクセス】東急東横線・大井町線「自由が丘」駅 正面口より徒歩7分
【URL】 https://www.nirai-kanai.shop/

7.BASIC and ACCENT(ベーシックアンドアクセント)・自由が丘

BASIC and ACCENTは、雑貨店「deuxC(ドゥセー)」を展開する、「フィル・エ・クチーレ」が立ち上げたブランド。クオリティの高いベーシックなものでありながら、実用だけでなくデザインや機能にユーモアやニュアンスを感じる商品を扱っています。

やちむんでは、育陶苑など今のライフスタイルに合うモダンなうつわが販売されています。他の雑貨とあわせてトータルにそろえたくなります。

【店名】BASIC and ACCENT(ベーシックアンドアクセント)
【住所】世田谷区奥沢5-20-19 K&F自由が丘1F
【TEL】03-5731-7200
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】不定休
【アクセス】東急東横線・大井町線「自由が丘」駅南口より 徒歩2分
【URL】https://www.facebook.com/basic.accent

 

8.58 中目黒

 

引用画像:公式facebook

沖縄の中頭郡読谷村に工房を構える北窯(きたがま)。北窯は、宮城正享、松田共司、松田米司、與那原正守の親方4名が所有する共同窯。このショップはその北窯の専門店です。

北窯の火入れは年5回、つまり年に5回しか作られないのです! その貴重なうつわを手に取ることができるショップには、幅広い作風のアイテムが並びます。素朴でありながらモダンな大皿や茶器、コーヒーカップなど、普段の生活にあったものが見つかりますよ。

【店名】58 中目黒
【住所】東京都目黒区中目黒1-9-17三浦ビル1階
【TEL】03-5794-3958
【営業時間】
 火曜日-木曜日 14:00~19:00/金・土曜日 13:00~19:00
 日曜日 13:00~18:00
 *営業時間はfacebookを要確認。
【定休日】月曜日
【アクセス】東急東横線「中目黒」駅より徒歩6分
【URL】http://yachimun.kitagama-58work.shop-pro.jp/
 Facebook:https://www.facebook.com/北窯-305961706099964/
 Instagram:https://www.instagram.com/58_kitagama/

9.うつわの和田・豪徳寺

豪徳寺駅から続く商店街にあるこじんまりとした和食器専門店。九州・沖縄・山陰・四国など西日本のやきものが多くそろっています。

やちむんでは、沖縄県大宜味村のやちむん與那城など、ふだん使いできる味わいのあるものが並んでいます。私が訪れたのは「ミニやちむん市」開催の数日前だったせいか、やちむん豊富にそろっていました。地方のいいうつわが一堂に会する素敵なお店です。

 

看板が小さいので、通り過ぎにご注意!

【店名】うつわの和田
【住所】東京都世田谷区豪徳寺1-49-2トリアドムス102
【TEL】090-6654-1492
【営業時間】11:00~19:00 冬季(11月ー2月)の日曜日は18:00まで
【定休日】水曜日(不定休あり)
【アクセス】
 小田急線 「豪徳寺」駅より徒歩1分
 世田谷線「山下」駅より徒歩1分
【URL】https://utsuwanowada.jp/

 

10.monsen(もんせん)・二子玉川

二子玉川駅から近くの遊歩道沿いにたたずむショップ。よしざわ窯さんなど、今のライフスタイルにあう、デザイン性もあり実用的なうつわがそろいます。

やちむんでは、與那城徹さんの「やちむん與那城(やちむん よなしろ)」のうつわが販売されています。あたたかみのある色合いの水玉模様が特徴のうつわは、オンラインショップでも人気。まめに入荷情報をチェックしましょう。

【店名】monsen(もんせん)
【住所】世田谷区玉川3-20-10 メリス玉川PART2-201
【TEL】03-3708-9311
【営業時間】12:00 ~18:00
【定休日】火・水曜(但し、祝日は営業)
【アクセス】東急田園都市線「二子玉川」駅西口より徒歩6分
 *裏手の遊歩道より2Fへ上がったところにあります。
【URL】https://www.monsen.jp/

11.備後屋(びんごや)・若松河田

備後屋は、地下1階から4階まで全国の工芸品で埋め尽くされた、民芸のデパート。1、2階には、陶磁器製品があり、北窯の松田共司さん、読谷村の上江洲茂生さんのうつわを手にすることができます。他の産地のうつわと組み合わせて、買うのも面白いです。

また、うつわと合わせて使う和紙や布製品、かご類などもあり、うつわ好きは長居してしまいます。食器店や雑貨店の多い神楽坂にも近いので、あわせて行くのもおすすめ。

【店名】備後屋(びんごや)
【住所】東京都新宿区若松町10-6
【TEL】03-3202-8778
【営業時間】10:00〜17:00
【定休日】月曜日、第3土曜日とその翌日定休(5月8月11月12月を除く)
【アクセス】都営大江戸線「若松河田駅」よりすぐ
【URL】http://bingoya.tokyo/
 https://www.facebook.com/bingoya/
 https://www.instagram.com/zubonbo/

 

12.fennica(フェニカ)・新宿

BEAMSが手がける、デザインとクラフトの橋渡しをテーマにしたブランドfenica(フェニカ)です。新宿店の5階には、今の暮らしにもなじむ日本の伝統的な手仕事の品物が並びます。やちむんでは、拓美窯、北窯の松田米司さんの伸びやかな筆致のカラフルなデザインの商品が販売されています。

洋食にもあうふだん使いに適したうつわは、柄違いでそろえたくなります。また、過去にはやちむんのイベントも開催されています。SNSなどで最新の情報をチェックしてみましょう。

【店名】fennica(フェニカ) 
【住所】東京都新宿区新宿 3-32-6 BEAMS JAPAN 5階
【TEL】03-5368-7300
【営業時間】12:00 ~ 20:00
【定休日】不定休
【アクセス】JR・京王線・小田急線「新宿」駅より徒歩3分
 都営新宿線・東京メトロ副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
【URL】https://www.beams.co.jp/shop/j/

13.cotogoto(コトゴト)・高円寺

日本各地の工芸品や調味料、生活雑貨がそろった和のセレクトショップ。やちむんでは、ノモ陶器製作所、陶眞窯の商品が販売されています。ほかにも、美濃焼や波佐見焼、イイホシユミコさんの商品などうつわの品そろえが豊富! 他のうつわや雑貨と組み合わせて買いたくなってしまいます。

店頭の看板。日本のいいものが沢山!

【店名】cotogoto(コトゴト)
【住所】東京都杉並区高円寺南4-27-17-2F
【TEL】03-3318-0313
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】なし
【アクセス】JR中央線・総武線 「高円寺」駅 南口より徒歩1分
【URL】https://www.cotogoto.jp/

 

14.MARKUS(マルクス)・吉祥寺

理想の暮らし、ちょっといい暮らしを実現するためのヒントとなるお店を目指す「マルクス」。店内には、全国から選りすぐった、長く愛用できる生活雑貨が並びます。やちむんでは、陶房 真喜屋さんなどの力強い筆使いのモダンなうつわを取り扱っています。ドットや花柄など使いやすいデザインなので、ぜひ普段の食卓で使いたいですね。

【店名】MARKUS(マルクス)
【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-15 武蔵野カントリーハイツ112号
【TEL】0422-27-2804
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】不定休(TOPページ・インスタグラムでお知らせ)
【アクセス】JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅より徒歩6分
【URL】http://marku-s.net/
 https://www.facebook.com/markus.shop
 https://www.instagram.com/markus_shop/

15.沖縄チャンプルゥ雑貨 喜器(きき)・東十条

画像:公式HP  髙江洲広志さんのポット

店主が過ごした1970年代の沖縄をコンセプトに、琉球ガラスやヴィンテージアロハシャツなどレトロなアメリカン雑貨などを販売する「チャンプルゥ(ごちゃまぜ)」なお店。取り扱っているやちむんの種類は豊富です。髙江洲広志さん、工房o-gusuya、工房『英』(花木英史)など、都内のショップではなかなか目にすることのできないうつわのある貴重なお店です。

【店名】沖縄チャンプルゥ雑貨 喜器 (kiki)
【住所】東京都北区中十条2-7-12丸栄ビル1F
【TEL】03-3900-4157
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】水曜日
【アクセス】
 JR京浜東北線「東十条」駅から徒歩3分
 JR埼京線「十条」駅から徒歩7分
【URL】https://www.okinawa-kiki.com/

やちむんは、現地で買うのが理想ですが、今年は陶器市などのイベントが軒並み中止。飛行機に乗らずに、都内でショッピングを楽しんでみましょう。自分にあったうつわが見つかりますよ!

〔取材・編集:テーブルライフ編集部〕

 

Instagram
キャッシュ不使用
Latest Columns